涙はひとりぶんしかながせない

永瀬廉くん Mr.KING 関西Jr.を応援してます

JOHNNYS’ YOU&ME IsLAND

秋の帝国劇場に行ってきました。
ジャニーズ夢アイランド最高でした。
ジュニアくん達はいつも通りみーんなキラキラで、帝国劇場は夢の空間でした。


今回もほぼMr.KINGの感想です。
順番も間違っているかもしれません。





今回当選のメールをもらって嬉しかったのが、公演日が後半日程だったことです。チケットが届き、娘と青い封筒を開けました。いつも当たるのは後方の席なのでアルファベットを数える準備をしていると、数えなくても何列目かわかるお席で、娘とものスゴイ声をあげてしまいました。
突然届いた貴重なプレゼントに、このような幸運は2度とないと、“何事も起こりませんように、無事に帝国劇場にたどり着けますように”と毎日祈り続けました。







☆開演する数分前、幕の向こう側で誰かの「あーあー」と、発声練習のような声が聞こえてきました。

開演前のドキドキ感って良いですよね。ブザー音とか暗くなる感じってすごい好きなんです。
幕が上がって赤衣装のMr.KINGが、中央の階段上に登場してきたときは感動だったな。




◎壁フライング(平野紫耀

紫耀くんが下手から1人登場してくると、自らワイヤーのチェックをして壁を駆け上がっていきました。フライングの直前の紫耀くんは「フゥ」「フゥ」と小さく2回息を吐き、壁を走り始めました。壁を駆け抜けた後、最初の回転が始まるときに、紫耀くんが“よし”みたいな感じで「ウッ」みたいな声を小さく発したんです。(力を入れるためかな)毎公演ごとにこんな風に緊張感を持って気合いを入れて、舞台に立ち続けたんだなぁと思うと、まだ序盤なのに泣きそうになった。



◎よーいやさぁ(太鼓)

「よーいやさぁ」の掛け声とともに始まる太鼓。
岸くんがセンターで横並びの大太鼓軍と、後方のマンションには法被姿で小太鼓をたたくジュニアくん達。劇場に響き渡る音に興奮。センター岸くんの力強い太鼓が頼もしくてすごくカッコイイんです。すぐ横にいる髙橋海人くんも、負けじと体を仰け反っていて、いつもより“男海人”な感じがしてかっこよかったなぁ。永瀬廉くんは凛々しくかっこ良くみたいな感じかな。綺麗だったな、やっぱり袴姿は特別カッコイイですね。みんなさん良く似合ってた。




◎円形太鼓(Mr.KING

円形形に並べた大太鼓をMr.KINGが演奏します。暗い中自ら太鼓のスタンバイをするんですけど、その素早い手際もカッコイイんだよね。スタンバイが終わり、出番を待ってしゃがんでいる時でさえかっこ良くみえる。紫耀くんがセンターから始まったのですが、少し顔をゆがめて力強くたたき始める紫耀くんが最高だった。3人のタイミングを合わせての大太鼓は、みんなの呼吸がみえる気がして、嬉しくて本当に感動した。くるくる回りながら力強く太鼓をたたく“男”なMr.KINGが最高です。



*スネアドラムの演奏で、端にいる諸星くんとシンメで端にいると顕嵐くんが、同じタイミングでドラムを移動させていて、ふたりでアイコンタクトをして“ふっ”みたいな感じで微笑み合っていたんです。
ジャニーズのアイコンタクトって最高ですね。




◎V字フライング&シルホイール(Mr.KING
ロープフライング&習字(Prince)

岩橋くんと神宮寺くんのロープフライングは実際みると結構な速さで、和装でさらにかっこ良くみえました。紫耀くんがラートを上手く操ってる姿は、さすがすぎて見惚れます。和装の岸くんが登場してきた時、ハチマキの為か髪の毛が立ち上がってて、気合いが感じられて“岸くん”ってなる。廉くんと海ちゃんのV字フライングは、細身のふたりの姿勢が凛としていて、シルエットがとても綺麗だった。習字はフライングを見ているうちに“あっ”という間に出来上がってた。



Mr.KINGバトン

KINGがバトンをするのは3年目になるのかな。とても綺麗で華やかなパフォーマンスで、パス交換するところは呼吸を合わせていて、上手くいくととても感動する。この時の曲が『Swinging Dream』で家に帰っても「シンギン、シンギン」とふと口ずさんでしまう。




◎描いた未来~たどり着くまで~(Prince)

この曲の世界観がすごく好きでした。地球をイメージ
するレーザーの演出に、曲調がすごく合っていて本当に綺麗で。じっくり曲を聴かせるという部分では、本当にうらやましくなるくらいだった。やわらかいPrinceの世界が表現されていて、とても好きな曲です。



◎明日に架ける橋

今回の帝国劇場も娘と2人で観劇したのですが、他の家族には何も知らせず観劇に出掛けたので、家に帰っても帝劇の話はしないようにしていたんです。だけど頭の中でこの曲が巡っていて、ふと気がつくと「夢に向かって~」と口ずさんでいて。やっぱり夢ランドだったわ、めっちゃ引きずってる。



◎髙橋海人くんの海人劇場

海ちゃんの毎回違うアドリブシーンがとして楽しみでした。「俺っていけてるよね」の語りかけに思わず“うん、うんと”何度もうなずいてしまった。だって近くで見る海ちゃん本当にカッコイイんだよ。ダンスも歌声も大好きだけど、舞台に立ってる海ちゃんは特別カッコイイんです。



◎永瀬廉くんの告白

廉くんが客席におりて小さな台の上にのり「僕の父さんは…」と告白する場面がありました。廉くんの立ち位置が私達の席のすぐ近くで、いままでのなかで一番近くで永瀬廉くんを見ました。もちろんスッゴクかっこ良かったです。横顔がめっちゃ綺麗。こんなに間近で廉くんを見れるのは最後かもしれないので、とっさに考えて、いつもみられないところを見なくちゃと思って、廉くんの手を見ました。私は男の人の綺麗な手が大好きなので、すかさず手を見たよね。廉くんの手はいつも通りキレイな手でしたが、血管が浮きでて男の人の手だった。



◎It’s SHOWBIZ!!

♪ショウほど~ステキな~。で始まるの廉くんと海ちゃんの歌声がもう最高すぎる。大好きなんです2人の歌声が。甘い甘い優しい声。

◎紫耀と海人のダンス

ぶつかり合うように踊るふたりがすごくカッコイイ。
ふたりの空気感が誰も寄せつけない感じで、ガシガシ踊るふたりが最高なんです。ずっと見ていたかった。




平野紫耀くんの告白

紫耀くんの演技を見ているのがつらくて、セリフも切なくて。この公演中の紫耀くんは笑顔がほぼないから、ずっと苦悩という言葉が紫耀くんの周りにあったような気がする。悲しくて、寂しくてつらすぎる。和解するシーンでやっとホッとしました。
影のある役の紫耀くんは、とてつもなくカッコイイんだけれど、もし次に舞台をやれるとしたら、底抜けに明るい紫耀くんがみてみたい。


紫耀くんが苦悩を告白し、“3人で頑張っていこう”となった和解のシーンの後、すぐに『Beautiful World』という曲が始まります。この曲がやたらと明るいポップな曲なんです。シリアスな演技の後なので、みんなの気持ちの切り替えが大変そうで、もうちょっと待ってー。と言いたくなりました。曲はね、とてもステキな曲なので、いつか少クラで披露してくれたらいいなと思っています。




公演が千秋楽を迎えた今、本当にお疲れ様でしたの気持ちでいっぱいです。公演期間中に体調を崩す人もいたみたいだし、戦争の場面ではセリフもハードだし、追い詰めたり追い詰められるような心情のお芝居も多いから、演者の皆さんは本当に大変だったと思います。


戦争のシーンなんですけど、以前観たジャニワの時は茶髪の子は戦争に行かないし、ぐらいの気持ちで観ていたんです。現実味が全くなくて。今年の夢アイランドでは、最近の社会情勢もあって、観ていてちょっと怖くなったんです。戦争の場面でも中学生がたくさん出演していて、こんな可愛い子まで戦争に巻き込まれて、洗脳されていくのかなとか思うと、本当につらくなってきて。出演順がだんだん大人に変わっていくと、さらに現実みを増していくんです。あぁ戦争になってしまったらこの年代の子達は、きっと戦力になってしまうんだとか思うと悲しくて、恐くて、つらかった。安井くんのセリフで「…ありふれた毎日が幸せなんだ」というセリフが、胸につきささる。



この後のオリンピックシーンでやっと笑顔になれたよね。明日に架ける橋が愛おしくてしかたがない。




最後の最後に永瀬廉くんが凄いプレゼントをくれました。



もう本当に終わってしまう。というタイミングの、最後の幕が半分くらい降りた時、知り合いの方でもいたのか、ある方向を向いて永瀬廉くんが凄い笑顔をくれました。口を“うー”の口にして、その後鼻くしゃの笑顔(廉くんファンならお馴染み)を客席に向けてやってくれたのです。目線の方向は私達のいる方向ではなかったのですが、あの笑顔の威力はすごかった。ザ・アイドルの笑顔です。写真なら何度も見ているけど、生で見るアイドル廉くんはめっちゃ可愛かったよ。





2018年1月の帝国劇場の
予定はいつ決まるのでしょうか

ファンサとうちわ

どうやら私はとても大切なことを勘違いしていたらしい。いや、勘違いしていたのだと思い込みたい。



先日はてなブログで、ジャニーズのファンサのことを書いていた方がいて。ブログとても楽しく拝見させていただいたのですが、
「軽いファンサだと目線をもらったり、お手ふりをもらったり…」という文章があって。



えっ、
えっ。ってなったよね。



目線をもらう…。




目線をもらうってファンサなんですか。

知らなかった。
目線をもらうってファンサだったんだ。




もちろんファンサに対して色々な考え方があるし、人によって思いも捉え方も違うと思います。ですが、この方の書かれた一つの文章で、私はとても嬉しい気持ちになれたのです。




前回のブログで、娘は頑張ってウチワ作ってもファンサをもらったことがないと書いたのですが、“目線をもらう”ことがファンサならば、もらっていましたファンサ。西畑大吾くんからなかなかの近さで。




今年5月《ジャニーズJr.祭り》の大阪城ホール公演での
ことです。このコンサートに関西ジュニアが出演することは発表されていませんでした。しかし、ジュニアコンだし大阪だし、関西ジュニアは絶対いるはずと思って、娘は大ちゃんうちわを作って持っていきました。



コンサート当日大ちゃんの声で「西畑大吾です。関西ジュニアもたくさんいまーす」を聞いた時は本当に嬉しかった。早速大ちゃんウチワを胸元に持ち登場を待つ娘。私達の席はスタンド席前から3列目というありがたいお席で(娘名義チケット)私達のいたブロックは曲によっては西畑大吾くんと大西流星くんが止まってパフォーマンスする最高な場所でした。
Mr.KINGは数回通りかかっただけでした)



大ちゃんが近くにいる時は私も“こっち見てー”と心の中で祈って見つめていたのですが、ある曲で大ちゃんが私達の方に視線をくれました。その時はカッコイイ系の曲をパフォーマンスしていた時で、ファンサ曲ではなかった為か、視線をくれただけでお手ふりなどはありませんでした。



コンサートが終わり、娘とふたりで話せる状況になってから「あの時こっち見てたよね」と確認しあいました。この時は目線が合った喜びより、大ちゃんが何もしてくれなかったことへの、残念な気持ちが強かったんです。

「やっぱり大ちゃんウチワじゃダメだったのかなぁ、“大ちゅん”が良かったのかなぁ」とかテキトーなこと言って遊んでたんですけど。


帰ってからも、あの距離でもウチワ見えないのかなぁとか。やっぱりウチワ1つ持ちではダメなのかなぁ。とか話していたんです。

目線をくれることがファンサだとしたら、もしかしたら大ちゃんには、ウチワがちゃんと見えていて、娘に目線をくれたのかもしれない。本当のところは、ちゃんと見えていたのかは分からないのですが、この方の一つの文章で娘はファンサをもらったのだと、そう思えることが出来ました。




人って面白いなぁと。
物事の見方で思いとか変わってしまうのかと
思うと不思議です。



「お手ふりなどのファンサをくれなかったのは、きっとファンサ曲じゃなかったからだよ」と、ふたりで
言いあっていたら、ただの慰めあいにしかならないんだけど、第3者の意見で目線くれるのもファンサだよと言われれば、素直に受けとめたいと思ってしまう。
乗っかってしまえみたいな。
都合が良いよね。





いや、物事とは面白いな
と思った出来事でした。


 


私達は決して、ファンサ第一だなんて思っていませんよ。ステージに立ってくれるだけで幸せなんです。







湾岸ライブはチケット外れてしまっていけません。
悲しすぎる。




皆様のレポ
楽しみにしています。

担降りしたら、さらに沼にはまったらしい

私のことではありません。
私の唯一のジャニ友
娘の話です。


娘がずっと応援していたのはデビュー組で
今一番に応援しているのは関西Jr.の
西畑大吾くんです。



以前にも書いたのですが、私がはてなブログをみつけたのはジャニーズの担降り記事を見つけたからです。大好きなジャニーズから離れる時はどんな気持ちなのか知りたくてみつけました。




今回は娘のパターンを書いていきたいと思います。
娘が初めてCDを買ったのは大好きなHey Say JUMPのシングルCDでした。恥ずかしそうに、これが欲しいんだと私に教えてくれました。まだ小学生だった娘は、自分がジャニーズを好きだということに慣れていなくて、私に伝えることさえ勇気のいることでした。そこからは毎回JUMPのCDを購入するようになって。大きくなって少しお金に余裕がでてくると、初回盤などの全パターンのシングルやアルバムを買うようになった。少年倶楽部を見るようになったのは、JUMPが司会をしていたからで、セブンティーンを買い始めたのは、大好きな人の連載が掲載されていたからでした。





高校生になった頃、母が本格的に永瀬廉くんの応援をするようになり、雑誌などは、ほぼ母が購入するようになった。(私だいぶ貢献したと思う。だけどその雑誌はすべて娘の部屋なので結構迷惑をかけている)
この頃からふたりで、少クラやまいジャニを見ては「あーだこーだ」と“ぎゃあぎゃあ”言いながら楽しむようになって。母もJr.の名前覚え、オタ語を覚え、公演まで一緒に行くようになった(幸せだ)。
娘は2年くらい前から「私はいつ担降りするのだろう。誰に担降りするのかなぁ」と言うようになった。少しずつ西畑大吾くんへの気持ちが大きくなったのだと思う。決して大好きだったJUMPをイヤになったわけではないのです。
だから掛け持ち内の担降りということになるのかな。



全パターンのCD購入が1つに絞れるようになって。
録画した“まいジャニ”は何度でも繰り返し見るのに、JUMPの録画は1回で気持ちが足りるようになっていった。今でもJUMPが大好きだし、ファンクラブにも入ってもいる。年末にドーム公演があることをずっと祈ってもいる。娘の場合は、大好きなものにかける時間やお金などの割合が、どちらに多く使うのかという、%が変わっただけのように思う。
今はお気に入りのJr.が増えすぎて、年下のJr.まで可愛いと言うようになった。Jr.沼にどっぷりはまってしまったようだ。(特に関西Jr.)




大学生になって、時間とお金に余裕ができたことも大きくて。遠征はできるようになったし、深夜バスも乗れるようになった。少クラの番協に参加し、日本テレビのevery.やPONの外観覧に出掛けることもある。武道館にも募金を持参したり、最近は関西Jr.の映画『関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!』の舞台挨拶にバイトの時間をぬって通っている。通学中の電車での空き時間は、TV番組やラジオ番組にお礼メールを書く時間となり。雑誌でのお礼のハガキもマメに出すようになった。
リア友にジャニーズに対して同じくらいの距離感で応援する友達がいることがとても大きいと思う。
本当にありがたい。



ジャニオタとしてかなりの成長を遂げている娘だか。応援ウチワに関しては、持つ時は1枚、規定のウチワから文字などが1ミリでもはみ出すことは全体にしない。ということを徹底していて、ウチワを頑張って作ってもお目当ての人からはファンサなど、一度ももらえたことがない。これはちと寂しそう。
なので、これからウチワはどうするんだろうと私はちょっと観察中です。友達は2個持ちしてたらしい。



ここまで書くと、私が一番の応援している人が永瀬廉くんで、娘が一番に応援している人が西畑大吾くんなので、西畑大吾×永瀬廉(だいれん)や、なにわ皇子に強い思い入れがあるように思われるかもしれないけど、そこはちょっと違っていて。
私達は2人に同じユニットになって欲しいと強く願ったことはありません。
私も大ちゃんが大好きだし、娘も廉くんはとてもお気に入りのJr.なのですが、そうは思わないのです。
大好きな2人が同じユニットだったら、それはそれはすっごく嬉しいに決まっています。


だけど今は、それぞれが頑張っている場所があります。大ちゃんも廉くんもその頑張りをお互いが認め合っていて、遠くても今も支えあっていると私達は思っているのです、そんな彼らが大好きなんです。
お互い刺激しあえて、頑張っていることを雑誌やブログなどで、ファンのみんなに伝えてくれることだけで私は本当に嬉しいんです。離れていても仲間だとわかります。かんじゅ日誌にたくさんの関西Jr.が廉くんの名前を出してくれて、ファンに伝えてくれることが本当に嬉しくて。廉くんも関西と、関西Jr.が大好きなことを声に出して伝えてくれます。そんな関係性がすごく好きです。まさに家族だと私は思うのです。




話を戻します。
娘の場合は、デビュー組からジュニア担に担当が変わったことで、さらに応援したいという気持ちが強くなったように思います。まさに母性。支えたいという気持ちがウズウズと芽生えはじめたみたい。
母としてはリアルな恋心はどこに行ってしまったのかと心配になるのですが。“あー幸せ”と言いながら帰ってくると、うん今はそれで良いぞ!と思う(マズイのかな)。

 


娘はまだ大学生になったばかりなので、あと数年はこのようなペースでジャニーズを応援していくと思います。私は私の行きたい公演に娘と入れれば幸せなので、マイペースに応援していきたいと思っています。





娘と私の話を長々書いてしまって
すみません。





今日は『ザ少年倶楽部in大阪』が放送です。
すっごく楽しみ。
娘もバイトから急いで帰ってくるはず。
いつまでもこんな母娘でいられたらと思っています。






関西Jr.頑張れー。

大西流星くん16歳!!


大西流星くん16歳の
お誕生日おめでとうございます。

f:id:aoiharuto:20170808000744p:plain

いつも笑顔が可愛い関西ジュニアの天使ちゃん。
流星くんが16歳になりました。

f:id:aoiharuto:20170808000833p:plain

ダンスが上手でしっかり者。
小さい時から関西ジュニアのアイドルで
今では関西ジュニアを引っ張っていく大きな存在になりました。


流星くんは以前から大西プロと呼ばれるほど
自己PRが上手で、先日出演した日本テレビのPONでは流星くんの魅力がいかんなく発揮されていました。



◎まず自己紹介から自身のコールレスポンス。
「勢いは~」「西から~」
「愛は~」「大西から~」


と笑顔ばっちり。カミません。
ジャニーズ歴が長いとはいえすごい。


そして一発ギャグも外しません。
可愛いく、可愛いくきめてみせます。
“串カツからのたこさんウィンナー”。
めっちゃ可愛い。


トーク中も司会からの質問に的確に答えるし。
その言葉づかいも丁寧で、誉めらたら笑顔で首ふって
可愛いし。もーねぇ本当にすごい。
関西を引っ張っていく可愛い可愛いトップジュニア。
本当に心から尊敬できるスーパー16歳ですよ。
出演最後の挨拶では、笑顔でお手ふりからのウインクまで決めてみせていました。




母娘ふたりで見ながら、始めは
「可愛いー。可愛いー。流星!!」と言っていたのが
「流星くんすごい。やっぱりプロ。さすがだわ」
に変わっていました。
あんなに可愛さ保ちつつしっかりと自分と関西ジュニアのアピールできる子いますか。
この時はまだ15歳です。


今まで先輩達に可愛いがられてきた流星くんですが
後輩くんを指導することも多くなってきて、大変だと思います。だけど、可愛いらしさなくさず先頭に立っている姿は、本当にたくましい。



昨年の少年倶楽部in大阪では西畑大吾くんと
『あなたにお手紙書きましょう』のコーナーを担当していました。少し抜粋して書きますね。




西畑大吾くんから大西流星くんへお手紙



始めは大ちゃんが流星くんへの愛をいつも通り熱く語ります。ここから真剣にお手紙。

「大西さんとは入所当時からずっと一緒に活動してきたね。いろんなことあったし、いろんなことを一緒に乗り越えてきたな。入った当時は、ほんまに小っちゃかった大西さんが、今や関西ジュニアを引っ張っている存在になっていることを、俺はほんまに誇りに思います。俺も負けてられません。これからも共に刺激しあって高めあってラブラブしあいましょう。いつもありがとう」
(少しふざけて)
「PSもっと甘えてもいいんやで西畑大吾より」



という泣けるお手紙でした。


流星くんが「あーヤバ」と一言った後。




大西流星くんから西畑大吾くんへお手紙

「大ちゃんへ
大ちゃんと初めて会ったのは4年前のオーディションの時ですね」←まいジャニさんロケしてる神。
「僕にとって大ちゃんは友達以上恋人以上夫婦未満のような存在です」

大ちゃんが「恋人以上~」と、とても喜んでいます


(流星くんの身長の話しがあった後)


ここからさらに真剣にお手紙
ジャニーズWESTがデビューして、関西ジュニアを引っ張っていく立場になり、2015年の少年たちでは、初めて経験することばかりでプレッシャーがすごくあったけど、大ちゃんとは練習の時から演技のビデオを撮って反省会をしたり、すごく頼りになっています。ありがとうございます。今は関西ジュニアを引っ張ってくれる大ちゃん。僕はまだまだやけど、関西ジュニアのことが本当に本当に本当に大好きなので、全力で力になりたいと思います。つらいこともたくさんあるかもしれないけど。これからもたくさんステキな景色を一緒にみていきましょう。大西流星より」


って。これまた泣ける。
ステキなステキな “お手紙書きましょう”でした。
このコーナーほんと大好き。




大変なこと2人で助け合ってきたんだなと
深く考えてしまうよね。
関西ジュニアには偉大な先輩がいっぱいいるし
みんなで盛り上げて、みんなで最高のステージをめざす関西愛が大好きです。




西畑大吾くんが今日の“かんじゅ日誌”で大西さんへの愛を語っていました。
大ちゃんの大きな愛に感動。
大ちゃんの文章を読むたびに思うのですが、大ちゃんは本当に暖かい人です。





関西ジュニアが大好きだぁ。





大人になっていく流星くんも楽しみにしています。
流星くんの16歳が幸せであふれますように。




いつでも、いつまでも応援しています。
お誕生日おめでとう。

嶋崎斗亜くん

嶋崎斗亜くん
14歳のお誕生日おめでとうございます。

f:id:aoiharuto:20170803230652p:plain

可愛い、可愛い斗亜くん(しまさきとあくん)を紹介していいですか。

入所が一年前(2016年)の8月松竹座です。
ただ今中学2年生。関西ジュニアで頑張っています。
身長が153㎝/36㎏/24.5㎝(最新情報)←雑誌


まだ中学生なので雑誌でのエピソードがほぼ学校ネタなんです。めっちゃ可愛い。


最近の雑誌で、趣味を聞かれて


マンガと“鬼ごっこ”と答えているんです。
もうー。めっちゃ可愛くないですか。


“鬼ごっこ”って


フレッシュさに感動したよね。


2016年夏の松竹座公演で、すごく可愛い子が関西ジュニアに入ってきたとレポが回っていて。
きっと斗亜くんのことだと後の雑誌で確信したよね。
あくまでも私の好みなのですが。




昨日から夏の松竹座公演が始まりました。
『少年たち 南の島に雪は降る』のパンフレットに
嶋崎斗亜くんの名前もありました。
西畑大吾くんの弟役という重要な役をいただいて、
嬉しかったよね。楽しみすぎる。



f:id:aoiharuto:20170803230819p:plain

ダンスも踊れるし、舞台度胸もあるようで、昨年末の松竹座公演で同じく関西ジュニアの小島健くんと少しの時間漫才を披露しています。
まだまだ新人くんですが、これからの活躍がとても楽しみ。なんといっても顔立ちがキレイなので、どんな大人になっていくのか楽しみすぎる。





斗亜くん

斗亜くんがジャニーズJr.でいてくれるかぎり
ずっと応援しています。
頑張ってー。





斗亜くんの14歳が楽しいことでいっぱいな
一年になりますように。




(タツサキが私のスマホで変換できないのが悲しい)

憧れは単独コン


~君たちがKING’S TREASURE~
Mr.KING HiHi Jet 東京B少年公演にいってきました。
今年も六本木EXシアターに入れて幸せでした。



昨年の夏、公演前に並んでいる時ものすごく暑くて。そして若いお嬢様方に緊張と動揺をしていたので、
来年もしKINGの公演があったとしても、入ることは諦めようと、この時は思っていました。しかし、昨年夏の永瀬廉くんと髙橋海人くんの『チラリズム』が最高すぎて忘れられず、今年もチケットとってしまいました。



昨年の公演で、Mr.KINGがパフォーマンスしたソロ曲やペア曲は少年倶楽部で再現していただけました。
本当にありがたいことです。
ですが、やはり曲の長さは短くて、実際生で見た時のイメージとはちょっと違ってしまいます。 
れんかいの“チラリズム”も生で見た時に、ものすっごく可愛いくて。可愛いくて可愛いくて忘れられなくて。衣装もパフォーマンスもバックのジュニアくん達も全部ひっくるめて、相当可愛いかったんです(2回しか見てませんが、映像化求むです。結構な金額だせる)
今年の公演も生で一度は見ておきたくて、買い物いくふりして娘とEX入ってしまいました。




今回ほぼMr.KINGの感想になります。
すっごく長いです。




◎OP

今年のオープニングもOH!サマーKINGからでした。
“スペースジャーニー”を初めて聞いた時から今年のオープニングはこの曲になるんだろうと勝手に思ってたから、自分ほんと分かってない。


1、OH!サマーKING
2、スペースジャーニー
3、サマー・ステーション
・HO!サマー
・Sha la la☆Summer Time
4、Celebration!



◎5、セリフメドレー

Mr.KING
・Luv Sick(セリフ「アーユーラブシック」平野紫耀
・恋のABO(セリフ「ユー達何型」髙橋海人)
好きやねん、大阪。
(セリフ「すっきやねーん」永瀬廉)


紫耀くんの“アーユーラブシック”がかっこよすぎて
ううっーってなりました。低音がかっこよくて強い。一転して海ちゃんのセリフが、かぁいいの。手をブンブンする振り付けも可愛いいよね。そしてお馴染みの曲、“好きやねん、大阪で”、大阪への愛をこめた廉くんのセリフがこれまた可愛いいのよぉ。関西弁最高。


《HiHi Jet・東京B少年》

・BYAKUYA
・僕はVampire
Sexy Zone
・Come On A My House
・喜びの歌
・Love Situation
・Hi Hi Jet


HiBちゃんがみんな可愛くて、衣装がなつかしかったな。爽やかだしダンスも上手くて、これからどんな大人になっていくのか楽しみ。ますます人気がでるんだろうなぁ。写真集おめでとう。
ソロのセリフで歓声が“ぎゃあああー”ってなるのが楽しみだった。



6、二人の花(平野&永瀬)

曲、歌詞、ふたりの声、シンメトリーなセットも衣装も演出もすごい好き。しょうれん最高。
左右に分かれている階段のセットが(ふたりがそれぞれ乗っている)、1つにかさなる時だったかな。
ふたりが向かいあって手をさしのべるような振りがあって、その場面が忘れられない。
この曲の時だったと思うんだけど、廉くんが階段を昇る途中で片足を階段にかけた状態で一瞬止まって歌っていて、それがすんごくかっこよくて。一瞬だったんだけど「誰かぁ静止画ください」って思ったよね。この曲を選んでくれた2人さすがです。少クラで再現お願いします。



7、Mr.Jealousy(髙橋海人)

Hip hopが海ちゃんにまぁ似合うこと。
センターでダンスと歌声で魅せる海ちゃんが、すんごくカッコイイ。髙橋海人の世界観が大好きなんだよね
だからね、いつの日か海ちゃんのソロコンができたら絶対にいく。会場の隅っこの一番後ろの席でよいから髙橋海人の世界に浸っていたい。海ちゃんの声は高音も魅力的だけど、低音も良くて大好きなんだよね。



8、紅い花
9、CHANGE UR WORLD

大好きなナンバーが続けて聞けるなんて嬉しすぎる。
スイッチが入った紫耀くんに引き込まれる。2曲ともMr.KINGの本気を感じる曲。ガシガシ踊るし、歌ってちゃんと聴かせるし、すんごくカッコイイ。
終わるとハァハァなKINGがめっちゃ可愛いんだけど。
2曲続けることでさらに魅力がアップするよね。最高です。



◎《Hi Hi Jet》
10、・Yes!
・バンビーナ
  ・ララリラ


公演が始まる前にMr.KINGにYES!を歌ってほしいと、ブログ内で訴えていたんですけど。初日レポみてHiHiくんが歌っていたと知ってテンション上がりました。みんな大人っぽくてかっこよかったなぁ。しかも瑞稀くんが白シャツに黒の細いネクタイで、あのセリフでしょ。最高です。隣の娘はララリラにすごい反応していて、すごく好きだった曲なんだって。サマリーDVDいつもみてたから。いい曲だよねー。


☆See You Again(KINGペンラ)

テレガイで確認しながらこれを書いているんですけど
“See You Again”が抜けていて泣く。
この曲は関西ジュニアが大切に歌っている大好きな曲です。思いがいっぱい詰まったステキな曲。KINGが
この曲を選んでくれて嬉しかったな。
自分はペンラ上手く扱えなくてバタバタしてしまった。



11、懐古メドレー
・Black&White(平野紫耀
・BASS GO BOOM(髙橋海人)
・ムラサキ(永瀬廉)
・FLYING BIRD(Mr.KING



懐古メドレーは聞いていて泣きそうになる。
ブラフォワはガシガシ踊る紫耀くんに惚れた曲で
バックに、れんかいがいることがたまらない。
海ちゃんの曲も初めて少クラで聞いた時のこと覚えていて。すごい高音にびっくりしたんだ。今聞くといい曲だなって思う。ムラサキは廉くんの声に惚れた曲で
違うバージョンが聞けて嬉しかった。以前より少し声が低くなったかな。FLYING BIRDは紫耀、廉、海で初めて少年倶楽部NHKホール会場で)3人でパフォーマンスした曲で、めっちゃ思い入れがあります。ど緊張の廉くんが可愛いかったな。誰がこの曲を選曲したんだろうと、疑問を持ってから約3年が経ちます。はやい。



12、愛は味方さ

3人が初めて歌ったジュニアのオリジナル曲。
何度も少クラで披露されていて、お馴染みの曲だけど
少しずつ大人っぽくなっていくKINGの愛は味方さが
感慨深い。この公演では途中から紫耀くんだけになって、次のれんかいの登場をワクワクしながら待ってた。



13、『愛 Love you』(永瀬&海人)

ラップ、ラップ、ラップ。ほとんど聞いたことのない
2人のラップが可愛いこと。ファンのみんなとのコールが楽しいよね。「キーング」って堂々と言えるコールが嬉しい。移動してくるイス(安い)を使った演出も楽しかった。

14、《東京B少年》
・SUPERMAN
・Boys Don't Stop

15、HiB HiB dream



16、FORM(永瀬廉)

廉くんの優しく甘い声にラブソングがよく似合う。
今回のソロ曲もすっごく良い曲で、ずっと聞いていたかった。何度も何度も聞きたいよ。優しい声で歌う廉くんが最高だった。EXに入れなかった廉くんのファンに聞いてほしいよ。衣装もすっごくかっこよくて、私服なのかな。とても良く似合ってた。どうか少クラで披露されますように。



17、Love Song(平野紫耀

大人なラブソングでかっこ良かったぁ。紫耀くんの声で、紫耀くんの世界に引き込まれる。海ちゃんのイラストが可愛いくて可愛くて。紫耀くんが海ちゃんにイラスト書いて欲しいと頼んだこと良くわかるよね。
めっちゃ可愛いんだもん。なんでグッズにならなかったのかな。みんな喜ぶと思うのになぁ。



18、Run From You(平野&海人)

しょうかいのダンスめっちゃいい。
2人だけの空気感も歌声もすっごく好き。今回も2人で振りつけ考えて。ガシガシに踊るというよりは、魅せるダンスで。大人っぽい曲でしなやかなダンスがカッコイイ。歌声も色っぽくて大人な“しょうかい”が良かったぁ。



19、Alright

この新曲ですよぉ。最高じゃないですかぁ。
ミディアムテンポな曲で大人っぽい感じが、Mr.KINGの成長を現しているみたいで、本当に嬉しい。
「俺たちの新曲」という言葉に感動だった。
大好きな曲になりました。


20、Keep the faith

いままでロックっぽい曲をKINGがパフォーマンスすることが少なかったから、曲がかかった瞬間から自分のなかでは“ぎゃあああ”だった。♪わがままぁーと低音で始まるのが、かっこよすぎて嬉しくて。泣く。
とにかくバンド曲が好きすぎる。3人の低音の声が魅力的でした。



21、GO!


22、Share

初日レポみてこの日のまでに、NEWSのShareを何度も聞いて公演に入ったからMr.KINGのShareに感動。
歌詞がしみる。メンバーのことを歌っているようで、KINGとしては、KINGとファンとの関係を歌っているらしいです。いろいろ考えてライブ構成考えたんだと思うと嬉しいよね。すっごく良い曲。





今年は指定席1公演のみです。
去年、今年と指定に入って思ったことは
指定は過剰にファンサを求めないし静かです。
スタンディングのザワツキも聞こえないし。だけど
アンコールの声もあまり出さないし、自分のお目当てのグループがいないと座ってしまうし。ちょっと寂しいんです。(静かすぎてイケナイことしてるんじゃないかと疑うくらい)
やはり、会場全体で盛り上がるであろう単独コンに
憧れてしまいます。




いつかMr.KINGのコンサートがあると信じています。
それが大きかろうが、小さかろうが、北海道だろうが
沖縄だろうが絶対に行きたい。
隅っこで良いのでMr.KINGの世界に浸ってみたい。




去年との違いで、娘が言っていたことなのですが、大人が増えたと。入場を待っている時も、会場に入ってからも「大人のファンが増えてるー」でした。
どのグループのファンなのかは、わからないのですが
私にとっては、とってもとっても嬉しいことでした。




トークでHi Hi Jetと東京B少年をリードしている
兄なKINGが嬉しかったな。レポみていても、紫耀くんと廉くんが、金指一世くんと佐藤龍我くんを可愛いがっているのが微笑ましくて。ちょっと海ちゃんがヤキモチやいているのも可愛いかった。兄なMr.KINGが見られたのも3組一緒のライブだったからですよね。そこには本当に感謝です。



(今回の公演中は“しょうれん”が爆発していたみたいで
嬉しかったなぁ。そして見たかった。)




8月の公演は娘はお友達とEX入りますが
私は留守番です。




みなさんのレポを楽しみにしています。
無事に千秋楽を迎えられますように。

ガチ照れ

7月15日生放送の『KINGステーション』で私にとって
とても嬉しい事件がおきた。
この日のKINGステーションでは、この日始まったばかりの《テレビ朝日夏祭り》のオススメスポットやオススメの商品をMr.KINGが紹介していました。


永瀬廉くんのオススメは北海道産のソフトクリーム。
十勝、根室 釧路、オホーツクの3地域の牛乳で作られた、味の異なるソフトクリームを食べ比べできるソフトクリームセットをご紹介。Mr.KINGの3人は、それぞれ味の違うソフトクリームが入った小さなカップを持って、まずは各々自分の持っているソフトクリームを試食し感想をコメント。永瀬廉くんと平野紫耀くんが無難にコメントをするなか。次の髙橋海人くんが「えっ、なんだろう。バニラの香りがする」と言って。(廉くん笑ってます)「なんか甘さの後に鼻の中バニラがすぅーって通る感じで、香りが良いです」とコメント。海ちゃんの可愛いすぎる感想にやられていると。



「ちょっと他やつ食べてみたいわ」



と廉くんが言って。
ファンの子がすでに“きゃぁー”ってなって。
真ん中にいる紫耀くんがチラッと海ちゃんみて次に廉くんを見たんです。それで


「食べる、これ」

f:id:aoiharuto:20170719111626p:plain


って廉くんを見て言ったんです。
さらにファンの子が“ぎゃぁぁー”ってなって。
(私もしょうれんが見られるのかとドキドキです)


お互い目を合わすと紫耀くんが照れて笑って。


f:id:aoiharuto:20170719111711p:plain


廉くんも「いいすっか、ちょっとぉ」って嬉しそうに笑っていて。

f:id:aoiharuto:20170719111834p:plain


紫耀くんが
「そんなアイドルみたいなことします?」

f:id:aoiharuto:20170719111910p:plain


って笑って言って。
廉くんが「いいすっか」って、紫耀くんから“あーん”してもらって。
ファンが『ぎゃぁぁぁぁー』ってすごい歓声。
(そりゃなるわ)

f:id:aoiharuto:20170719111952p:plain


ソフトクリームを“あーん”する前にタイミングをふたりが合わせていて、それがもうたまらなく可愛いくて嬉しくて。普段なら“あーん”してもらうのは海ちゃんなはずで。ここへきて“しょうれん”って、泣くわ。
(海ちゃん本当ゴメン)
紫耀くんと廉くんが、照れながらもアイドルしてくれました。本当にありがとう。すっごく、すっごく可愛いかったよ。この時自分はつくずく、しょうれんが大好きなんだと思い知りました。



私はこの日、放送をリアルタイムで見ていましたが
娘は外出していたので、娘が放送を見た時にどんな反応をするのか楽しみでした。娘の自担は関西ジュニアにいるのですが、Mr.KINGのかなりのファン。


いつものように夜中に2人で、KINGステーションを見ていると、アイスクリームのくだりで紫耀くんの“あーん”の場面がきました。
娘は「マジヤバい、マジヤバいんだけど」と言って
両手で顔を隠し、顔を真っ赤にしているではありませんか。まさかそこまでの反応があるとは思っていなかったので、母はびっくり。
娘の初めての表情に戸惑い「何でガチ照れてるんだよぉ」などと、つっこめなかったです。
(あぁきっと好きな人にはこんな顔するんだろうなぁ)と思って見ないようにしました。



我が家では少クラでも、まいジャニでも放送日その日でも何度も繰り返し再生するので。この日もまた始めからKINGステーションを見ていると、また“あーん”の場面がきました。
私が「この時に紫耀くんがガチ照れてるのが可愛いんだよねー」と言って娘を見ると、また顔を赤くして顔を手で覆っています。(えっ2度目も。君もガチ照れやん)って、思いました。



普段Mr.KINGが雑誌撮影以外でいわゆる、いちゃつくことはありません。コンサートなどでもです。なのでとても貴重なシーンでした。私はメンバーがくっつきすぎるのはあまり好きではないので、さっぱりしているのがMr.KINGの良いところだと思っています。

けれど、わちゃわちゃするのが好きなファンも多いことも確かで。Jr.のどのグループもやっぱりメンバーがくっつくと“ぎゃぁぁー”となります。KINGはあまりやらないので、コンサートなどでは、ファンの子はもっと“ぎゃぁぁー”と言える場面が欲しかったのかなと思ってしまった。(Jr.コンでのことです)


私的には、いまのままのさっぱりしてるMr.KINGが好きだし、このままのKINGでいてほしいと思っています。これは娘も同じ思いです。わちゃわちゃが大好きな人のほうが多いと思うのですが。娘が一番に好きだったグループを、少しずつ離れていった要因の1つが、コンサートでのメンバーの距離感が近すぎることだったので、程よくチラッとくらいが良いのかなと思ってしまいます。




娘のあの衝撃をうけているところをみると
アイドルってすごいなぁと。



でも不思議ですよね。
私いままで生きてきて、好きな人に“あーん”とか
して欲しいなんて思ったこと一度もないし
やってあげたいと思ったことも一度もありません。



だけど平野紫耀くんのガチ照れるお顔は
すっごく可愛いかったから
それもアリなのか。




娘は何に対して顔を赤くすることになった
のだろうか。妄想か?
わからないな。
聞けないしな。




この日に初披露された新曲最高でしたね。
新曲についても書きたいこといっぱい。
毎日リピしてます。
車の中で聴くにはどうすれば良いですかね
スマホボイスレコーダー使えば良いですか?





昭和か!!って話ですよねー。