涙はひとりぶんしかながせない

永瀬廉くん Mr.KING 関西Jr.を応援してます

ジャニーさんの言葉を噛みしめていた


ジャニーズを好きになった頃、「ジャニーさんになりたい」とよく冗談を言っていました。それは、お気に入りのJr.を“デビューさせたい”とかそういうことでありません。もし生まれ変わるなら「ジャニーさんのような才能をもって生まれたい」「ジャニーさんに生まれ変わりたい」という意味です。
ジャニーさんのようにアイドルを見つける千里眼をもち、突拍子もないアイデアがひらめく頭脳をもって、この世に生まれてきたかった。そしたら私もジャニーさんのようにショービジネスの世界でぜひ仕事をしてみたい。



キラキラな子供たちが成長していく姿を見守り指導していく仕事。素敵じゃないですか、すごく憧れます。



ときには師匠として厳しく、ときには菩薩のように優しく子供たちを見守り導いていく。なんて素晴らしいの。もちろん大変なことは山ほどあると思いますが、そんなことより、楽しさや嬉しさのほうが上回るに決まってる。今の私の小さな脳では何度生まれ代わっても到底ムリ。ジャニーさんの才能に憧れます。




今年の5月、平野紫耀くんの初主演映画「honey」の制作発表の時に、ジャニーさんが最近のジュニアについて、デビューだけがすべてではない。“当分デビューはさせない”と記者の方におっしゃったそうで、新聞をみて私もショックを受けたんですけれど。
「デビュー以前にいろんなことを勉強するのが大事。そうじゃないとデビュー後つぶれる」の、この言葉の意味をずっと考えていました。だけど凡人の私には、まったく答えが見つかりません。




ジャニーさんの頭の中には、ジュニアがデビューするためのチェックリストとかあるのかな。

□笑顔でダンスが踊れる
とか(←初歩)

チェック項目の一つ一つに「はい、これはOKとか」
チェックマークでチェックするような感じで見守っているのかな。



(デビューするためのチェックリストって何の項目あって、どれくらいの数がありますか?)
全項目知りたいような知りたくないような。




それとも、ジャニーさんにはジュニアがデビューに至るまでの特別な方程式があるのかな。


人気+実力+□+□+□+□+□+□+□+…


何をどれくらいプラスできたらデビューになりますか。様々ことをプラスしていくだけの単純なことではないのは、なんとなくわかります。



人気×実力+グループとしてのバランス+…



それにその時の芸能界の流れみたいなものをみて、戦術練りつつとかですか?
やっぱり私にはわかりません。




平野紫耀くんの主演映画『honey』が公開される時は(来年春公開予定)、まだジャニーズJr.の平野紫耀なのかなぁ。Mr.KING平野紫耀でいてくれるかな。

映画は紫耀くんがせっかくいただいたチャンスなので、絶対多くの方に観ていただきたいんです。
その時に「まだJr.なの、主演すごい!!」となったほうが良いのかな。

ジュニアのままで番宣いっぱいでられますか?
心配なんです。もう一回言っちゃうよ。




honeyを多くの人に観てほしいんだぁー!!」




やっぱり凡人の私には答えがわかりません。
ジャニーさんを信じて、ジャニーさんのタイミングを待つしかないですよねー。

ジャニーズJr.祭りin大阪城ホール(感想)②


いまさらですみません。
ジャニーズJr.祭りin大阪城ホールの感想です。
今回は、ほぼ関西ジュニアの感想とMr.KINGの感想になります。




◎会場でワクワクしながら開演を待っていると、私達の周りには関ジュのウチワを持ったファンの子がいっぱいでした。登場前に西畑大吾くんが「関西ジュニア小さい子までいっぱいいまーす」的なことを言って。会場の“ぎゃぁぁぁー”の歓声がすごくて。ここは関西なんだなぁってすっごく感じました。公演中はいくら探してもファンキーくん達がいなくて、最後までいなくて。なんでなんって悔しかった。私達はポンコツなので、見学席とかまったく気が付かなかったから、2公演目終わってから、娘のオタ友から「見学席にいたんだって」とツイで教えてもらって、初めて知るという。
3公演目は立ち見だったから、もちろん見学席などはわからなかった。立ち見の話はまた別に書ければと思っています。



Mr.KING大阪城ホールの1曲目は『紅い花』でした。初めて生で聴く紅い花は最高だった。少クラの紅い花は何度見たかわからない。




◎「Dream Catcher」の曲が流れてきて。“キタァー”ってお互いを叩き合い喜びあう母娘。もうね、何よりも大阪城ホールで関ジュ曲を聞けたことが嬉しくて、嬉しくてしかたがない。「NEXT STAGE」も「UME 強引オン」も「ハピラキ」もみんな大好きな曲で。大阪城ホールで「バンバンッ」の手フリが出来たことは絶対忘れません。やっぱり関ジュ曲はすっごい盛り上がる。すっごい好き。 



Mr.KINGソロメドレー
それぞれのソロ曲をメンバーが一緒にパフォーマンスするなんて、すっごい豪華。嬉しすぎる。
廉くんのThink u x.を紫耀くんと海ちゃんが「ベィベーベィベー」ゆうて指クィクィって。はぁカッコイイ。
そして、そして、なんといっても高橋海人のRemedyがめちゃくちゃ好き。歌いあげる海ちゃんはすごく大きくみえる。大きなステージになればなるほど海ちゃんが輝く。Lovelessは3人とも安定のかっこよさ。大人なKINGがカッコイイ。



◎永瀬廉くんが、Jr.を紹介するコーナーがあって
関西ジュニアの名前を次々と呼ぶ廉くんに感動でした。私は嶋崎斗亜くんが大のお気に入りなので、廉くんから斗亜くんの名前が聞けて嬉しかった。



◎先輩メドレー
キラッキラッのJr.くん達が次々と先輩の曲をパフォーマンスしていくんですけど。“Come on a my house”で嶋崎斗亜くんが「カモナマイハウス」のセリフをいただいていて。それがチョー可愛いの。“Sexy zone”では道枝駿佑くんが「セクシーローズ」って「セクシーローズ」って。フフフッ、かっこカワイイじゃないか。最高か最高だ。


◎大阪では『絆』の曲で平野紫耀くんと向井康二くんが一緒にパフォーマンスしていて(ジェシーくん・岸くん・森田くん・萩谷くんも一緒)。カワイイ“しょうこじ”が見られました。康二くんから絡んでいくのが嬉しすぎる。2公演目の時に私達の席から康二くんの立ち位置が良くみえて、紫耀くんがソロパート歌っていると、暗がりのなか紫耀くんに歩みよっていく康二くんがいました。自分のパートになり急いで立ち位置に戻る康二くんが可愛いかった。



◎MCで次々とグループを紹介していく時に
次は「Mr.KINGー」と紹介されて自己紹介していくんですけど、1公演目に「Mr.KINGの高橋海人です」の後何も言わなくて。あれってなったんだよね。今までの公演だと海ちゃんは、お姉さんになってくれる人を募集したり、家に来る人募集したりしていたから。今日は何を言うのかな?って楽しみにしていたんです。何のコールもしなくて、このことがあったからかな?1公演目に“海ちゃんが元気ない”と、みんなが心配していて。2公演目からはいままで通りの海ちゃんだったよ。コールに全力で答える母娘。紫耀くんの生声の「青春は戻らないらしい」が聞けて嬉しかったなぁ。廉くんの関西弁にみんなぎゃぁぁだった。やっぱり関西弁は良いですね。



◎MC 関西ジュニア
流れがさすがすぎる。「朝ドラアイドルの西畑大吾でーす」の大ちゃんから始まって、流星くんのC&Rへと続く。カワイイ流星くんとC&Rが一緒に出来たことがめっちゃ嬉しい。「勢いは(西から~)愛わぁ~(大西から~)。大西流星です」「すっごい、ごいごい、ごいごいすー。向井康二です」(全力で一緒にやる母娘)。「どうもぉ~佐藤勝利でーす」←の文一くんが最高やんなぁ。


◎山手線外回り
さいたま公演の時から大好きな曲で、“大阪ではきっと小さい関ジュが一緒にパフォーマンスする”と期待していたから、会場を駆け回るトラジャと関ジュが見られて幸せ。すっごい可愛かった。



Mr.KING の Fighting Manは安定の可愛さ。廉くんの替え歌も良かったし、紫耀くんも海ちゃんも可愛かった。関ジュとのパフォーマンスに感動です。コラボ嬉しかったな。



◎関西ジュニアソロメドレー
西畑大吾 《離さないで愛
*大ちゃんが登場すると、場内の歓声がすごくて感激だった。セクシー大ちゃんがカッコイイ。

大西流星 《猫中毒》
*ヤバい、さすがプロ。チョー可愛い。流星くんすごい、自分を良く分かっていらっしゃる。正門くんと小島くんの猫耳姿も可愛いかったなぁ。

向井康二 《BREAK OUT》
*低い姿勢でのダンスがカッコイイ。一緒に踊る関ジュを一人ひとりちゃんと眺めていたかった。目が足らない。

浜中文一 《あなた》
*もういい声すぎる。安定の文一くんワールドで感動。もうちょっと聴いていたかったよぉ。

高橋恭平 《愛してる愛してない》
堂々と歌い上げていてかっこよかったよ。歌詞を噛むんじゃないか心配してみてたけど、これからの恭平くんがさらに楽しみになった1曲だった。

関西ジュニア 《おみくじHAPPY!》
キタキタこれが関西ジュニアの新曲だぁ。新しい映画の主題歌、カワイイ感じの曲だよね。映画が楽しみ。『関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生』8月26日公開です。

長尾謙杜(道枝駿佑) 《Believe your smile》
1公演目に道枝くんがいなくて、2公演目からは2人で登場だったから不思議に思いつつも、可愛いさにやられました。カワイイねぇカワイイねぇとつぶやきながら見ていました。



◎正門ギターソロ
めちゃくちゃかっこよくて、正門くんを尊敬。ギタリスト正門がまじ最高。雑誌に載ってた大阪城ホール公演のセットリストに《正門ギター》の文字を見つけた時はすっごい嬉しかった。


◎正門、小島、吉岡、佐野 《象》
きたよバンド曲。カッコイイなぁ。やっぱりバンド曲好きなんだよね。1人ずつアップで抜かれている時小島くんが下向いていて。“ほらっ上向いてー”と言いたかった。一生懸命なところが良いんだよねぇ。


◎Six TONES & 関西ジュニア
☆BRAVE SOUL・SHOW & SHOW
とにかくフラッグが最高にカッコイイ。けっこうな大きさのフラッグを力強く振り回すのが最高です。手汗でフラッグ落としたりするんじゃないかと心配してしまった。


Mr.KING & Prince
☆勝つんだWIN!
イントロ聴くだけでテンションがあがる。初めて聴いてから2年くらいかな、初めて聴いた時のドキドキ感と戸惑いを思いだす。今はちょっと切ない気持ちにもなってしまう。みんな大人になってさらにカッコイイパフォーマンスになっていました。

☆HELLO!!! ハルイロ
固定カメラをフルに使ってパフォーマンスをするみんながまじ可愛いすぎる。この時のニコニコ笑顔の紫耀くんが最高にカワイイ。会場みんなで盛り上がれる曲っていいよね。会場で聴くたびに好き度が増す曲。

Bounce To Night
なんといってもスモークと風のイメージ。メンバーのやってやるぜ感と、どうだぁ感を感じる。気合いがつまった曲。何度聴いてもあがるわー。



BAD BOYSの曲にいく前に永瀬廉くんが「いくぞー」的なこと叫ぶんです。ここが最高に廉くんが男で、めちゃくちゃカッコイイ。顔をあげて天井向けて叫ぶ姿が、オトコ永瀬廉でちょーカッコ良かった。



◎Enc
Keep on・ 勇気100%
勇気100%で、関西ジュニアの通称ちびジュがメインでずっと歌っていて、それはもぉカワイイのなんのって。正面からガッツリ見たかった。
いわゆるファンサ曲なので、出演者があちこち散らばっているから、まじ目がたりない。自分がDDだから目の前のカッコイイジュニアくん達をすっとばして双眼鏡で遠くの一番のお目当てをガン見することができなくて。みなさんのレポでファンサする姿や、ジュニアくん達のわちゃわちゃを知るというポンコツぶり。
生で見られるチャンスを自ら失うポンコツ母娘。
ジュニア祭りDVDにならないかなぁ。





永瀬廉くんと平野紫耀くんが大好きな関ジュと同じステージに立つ姿が見られて、すごく嬉しかった。
またいつか同じステージにたつ時がきたら、絶対見にいきたい。今度は関西Jr.が東京や横浜に来て、関西旋風巻き起こしてほしいな。



大阪城ホールのステージの幕があがって、関西ジュニアの紹介のときにすごい歓声だったんです。その時に関ジュだけで城ホールできるじゃんと思ったんだよね。絶対に出来ると。会場の客席が埋まるか埋まらないかの問題ではないのかなぁ。ならば、もっともっと関ジュにも今以上のチャンスがほしいです。いわゆるDKチームにもマイクを。歌声を聞かせてほしいです。
もっとたくさんのジュニアのパフォーマンスが見たいな。




近いうちに関ジュだけの大阪城ホール公演ができますように。そんな朗報がやってくるのをずっと楽しみにしています。

お願い

ジャニーズJr.を応援していたら
一番の望みはCDデビューだと思う。
遠くなってしまうからイヤだとか、チケット取れなくなるからイヤ。というファンの方も時折見かけますが、多くのファンはCDという形から、自分の応援している人の歌声が聴きたいと願ってると思う。



ジュニアとして活動していて良いことは、探せばいくつかはあるとは思いますが、一つに歌番組やコンサートなどで、自担が憧れている先輩のバックにつき、パフォーマンスするところをみることができる
可能性が残されていることだと思う。





今週の金曜日、ミュージックステーション
亀梨和也くんと山下智久くんが『亀と山P』として
出演しますよね。
どうかバックにMr.KINGをつけてくれませんか。
今週ダメなら来週にでも。
平野紫耀くんが映画の撮影に入っているのは分かって
います。紫耀くんと永瀬廉くんが憧れる山下くんが音楽番組に出演するんです。
お願いです。
亀梨くんと山下くんのバックにMr.KINGをつけて


♪何回でも恋をして~
と一緒に踊らせてもらえないでしょうか。




実現したら最高なんだけどなぁ。




嬉しそうに笑うMr.KINGがみたいです。
もちろんKINGだけじゃなく、ジュニアがたくさんの出演できたらもっと嬉しいんだけど。
亀梨くんと山下くんに憧れているジュニアはたくさんいるので、みんなの夢を叶えてあげてほしいなぁ。






よろしくお願いします。

大好きな人の笑顔で満ちた幸福感

PとJK』の“一夜限りのプレミアム上映イベント”のライブビューイングにいってきました。


この日の一番のお目当ては西畑大吾くんです。
もちろん亀梨くんにお会いするのもすごく楽しみにしていたんですけど。なにしろ娘が西畑大吾くんのすっごいファンなので(自担と言っても良いぐらいの)、仕事終えて急いで映画館へ向かいました。開始5分前になんとか到着。ライブビューイングは想像していたよりずっと楽しかった。舞台挨拶の時間も思ったより長くて、カメラさんは出演者をずっとアップでとってくれるし、また機会があれば行きたい。




この日の大ちゃんは、ずっと笑顔。笑顔、笑顔でめちゃめちゃ可愛かった。衣装がきっちりとしたスーツとかではなく、可愛らしさがある正装服みたいな感じで、ワインレッドにグリーンやオレンジなどのストライプが入っているジャケットに、中のシャツが白で首元に紺の細いリボンがありました。大ちゃんにとても似合っていて、トーク中にときどきシャツが萌え袖になってしまうのがかわいいかった。




自分が挨拶をする時は、カッコイイ大ちゃんなんですけど、亀梨くんや村上さんの話を聞いている時は、ずっと笑顔の後輩大ちゃんで。
この日質問に答える時にマイクを両手で持ったり、マイクをフラフラさせたりで、めっちゃ可愛くて。大ちゃんの笑顔ですっごい幸せな気持ちになりました。大好きな人の笑顔って、すごいパワーを持っているんですね。見ているだけなのにすっごい幸せ感じるんです。“あぁすごいチカラだわ”って思って見てました。
先輩に身を委ねる後輩西畑大吾がすっごくカワイイ。




舞台挨拶の後半で西畑大吾くんの歌声と亀梨くんの歌声を聴くことができました。映画の撮影期間中に大ちゃんとスタッフさんはウィークリーマンションに住んでいて、時々大ちゃんの歌声が聴こえてきたとの話の流れから「歌ってみて」となり、KAT-TUNの『Real Face』を♪ギリギリでいつも生きていたいから~と歌って。緊張しながらもちゃんと歌えた大ちゃんがすごいと思ったけど。

最後の最後に亀梨くんが、Real Faceを少しですが、本気で歌ってくれて。
もうね亀梨くんが最高にかっこいい。


亀梨くんの歌声の本物感がすごかった。


ちゃんとはまた別の時に歌いたいから(←ニュアンスです)と、後ろを向いたままのパフォーマンスでした。
この思いがカッコイイ。




すっごい嬉しいニュースが次の日にありました。
西畑大吾くんが敬愛する二宮くんとCM共演する!!
朝一で知って娘をたたき起こしました。大好きな先輩の隣で嬉しそうに微笑んでる後輩西畑が可愛いくて。ふたりのセリフの掛け合いがとてもステキです。





大好きな人が嬉しそうに笑っていると
幸せな気持ちになれるんですね。
カッコイイジャニーズも大好きですが
笑顔が最高です!!

ジャニーズJr.祭りin大阪城ホール(レポと感想と回顧)①


10時になり公演開始のブザー音が鳴る。
照明が暗くなるとトップバッターで永瀬廉くんの声が聞こえてきた。


ステージにはまだ誰も登場していない。


次々とジュニアが挨拶していく。
3番手に嬉しい声が聞こえてきた。
西畑大吾でーす」大ちゃんが挨拶を始める。



会場がものすごい歓声。



いるはずだと思ってはいたけれど。
大ちゃんが挨拶するということは、関ジュが“がっつり”出演すると宣言をしているようなもので。
会場のサトル感じが嬉しい。



まだ誰の姿も見えないのに泣けてくる。



一斉に登場口からジュニアが出てきて、Mr.KINGを探すよりも西畑大吾くん。向井康二くん。大西流星くんを探してしまった。



と、そこに期待以上のお方がいた。



浜中文一くんだ。
驚いた。
文一くんがいる。文ちゃんの歌が聴けると思ったらすごく嬉しかった。



何公演目だったかな。康二くんが文一くんのことを「ガチャポンで言えば超レアキャラですよ。ちょー貴重でしょ!!」と言っていて。
マジ、マジ、そんな感じと思って見てました。




私は今回関ジュとしょうれんが一緒にステージにたつところを初めてみることができました。 
廉くんが関西Jr.と同じステージにたったのは2年と数ヶ月ぶりです。(紫耀くんは昨年10月の梅芸で関西Jr.と一緒に舞台にたっています。今回ファンキーチームが出演していなくて本当に残念)




夢叶ってすっごく嬉しかった。




2年前の私は遠征するとかまだ考えられなくて。
私が松竹座にたどり着く前に、紫耀くんと廉くんは松竹座に出演しなくなってしまいました。
なんであの時大阪行かなかったんだと、ものすっごく後悔していました。
いつか関西Jr.と廉くん、紫耀くんが一緒にステージにたつ時がきたら、絶対に行くと決めていて。
今回大阪に来ることができて本当に良かった。




ジャニーズJr.祭りのお知らせメールが来たとき
すっごく嬉しかったけど、日程をみて横浜は絶対に行けない日で。ショックで思わずスマホ投げたんですけど。これは大阪行くしかないと決めて、その日帰ってきた娘に「大阪行くぞ」と宣言しました。




あの時、横浜の日程で行けてたら大阪には来てなかったかもしれない。そう思うと怖くなる。





《オープニング》
◎声だけの挨拶の後、登場口からジュニア一斉に走って登場。




☆2公演目のオープニングで向井康二くんが「永瀬廉の地元は八尾でーす」と言っていて、この言葉きっかけで一斉にジュニアが走って登場してきました。
康二くんと廉くんが一緒に走ってきたんです。もう嬉しすぎて初めからぎゃぁぁぁぁーだった。



☆3公演目のオープニングでは、みんなが一斉に登場した後、各グループの紹介をしていて。
(その時KINGは次の自分たちの出番のためにはけていました)
安井くんが基本トークを回しているんですけど。
康二くんに「コンサート終わっちゃうね」みたいなこと言って。康二くんが「さみしい、終わりたくない」と言って、トークもなかなか終わろうとしなくて。
そのうちKINGが暗がりのなかセンターステージでスタンバイが終わって、安井くんが「もうKINGがスタンバイ終わってるから」と終わろうとするんだけど。それでも「いいんちゃう。いったん下がってもらえば」みたいなことを康二くんが言ったの。




そしたらね、永瀬廉くんが暗がりのなか



ジーコぉ 後でオレが相手したるから」



って、ちょーイケボで言ったんです。
会場がすっごいぎゃぁぁーって歓声で。
すっごい嬉しかった。



諭すように優しく
ジーコぉ 後でオレが相手したるから」



ってね。
もうね、すっごいかっこいいし、エロいし。
最高だった。



全国の、全世界の永瀬廉ファンに聞かせてあげたかった。マジで。
ジャニーズWebのVoiceにのせてくれないかなぁって本気で思ったよ。
最高すぎた。とっさに出た言葉がかっこよすぎる。
永瀬廉くんはちゃんとジャニーズとして成長しています。嬉しい。




ファンがぎゃぁぁってなっているのに
康二くんが「じゃあ八尾で待ち合わせな」とか返すから、さらにそんな康二くんが愛しすぎて。





康二くんと廉くんのエピソードで大好きな話があります。以前、雑誌か公演中のMCか何かで話してくれたことなんだけど。(私の中のアイマイな記憶です)
まだ廉くんが松竹座にでている頃に、康二くんと廉くんが帰りる方向が一緒でよく一緒に帰っていたらしいんです。康二くんの最寄り駅は快速?(だったかな)が止まるけど、廉くんの最寄り駅は快速が止まらなくて。
康二くんが「今日は快速で帰るから廉とは帰らない」とか言うと廉くんがすねる。という話をしていて。すっごい可愛い話だなって思って覚えているんです。




それが今では康二くんに対して
「後でかまってやるから」
なんて言うようになるんですから。
チャラいと言われても仕方ないですな。




私はチャラいの先には大人なセクシーな廉くんがいると思っていて、妖艶な感じとかアヤシイ感じとか
廉くんの元々もっている品にプラスしてさらに魅力的な人になるって信じてます。




爽やかなジュニアはどんどん入ってくるしね。
廉くんは廉くんの思うとおりにジャニーズ楽しんでほしいな。
雑誌でアイドルしているのが楽しい。
と言ってくれたことが本当に嬉しかった。




オープニングのことしか書けませんでした。
まだまだ思うことがいっばいなので
まだ続きを書きたいと思っています。
長くなってしまったので、ここで一度締めます。







最後まで読んでくれた方がいたら
本当に嬉しいです。
レポと感想と回顧が入り乱れてしまって読みにくくて本当にすみません。







すっごいニュースが入ってきたよ。




平野紫耀くん映画主演決定おめでとう。
ちょー嬉しいよぉ。




すっごい楽しみ。





祭りのリハに出られなかったのは
この仕事のことだったのかな。
とにかく、とにかくすっごい嬉しい!!

初の遠征

あこがれていた遠征という言葉。
ジャニーズJr.祭りin大阪城ホールに行って来ました。


昨年の夏に初の松竹座に行って以来の大阪です。
あの時は家族旅行に無理やり松竹座公演を組み込んだのですが、今回は娘と2人で前のりして3公演を楽しんできました。


娘はすでにお友達と春に遠征経験済みでしたが、
私にとっては初遠征なのでめっちゃ嬉しかったです。
いい大人になっても初めてなことがあるって嬉しいね。本当に幸せなことです。


今回かなりのハードスケジュールで
3公演みて急いで新幹線に乗り帰宅。次の日は朝から仕事という感じだったので、新幹線に間に合わせる為に最後のアンコはガマンして会場をでました。
(今は帰宅途中の新幹線の中です)



もう泣く泣く会場を後にしたのですが、
大阪城公園駅で偶然関西Jr.に遭遇しました。


アンコにでないJr.は速攻帰るんですね。
駅で男の子の集団がいると思って通りすぎると数名の関西Jr.で、かっこいいしかわいいし「最後の最後に本当にありがとうー。大阪ー。」と叫びたくなりました。


汗だくなんですよ。
汗だくなまま私服来て急いで帰ってるのがかわいくて。さっきまで会場で見ていた子たちが一緒の電車で帰宅とか。偶然に感謝。「セクシーーサンキュー」(公演中に西畑大吾くんが連呼してた言葉)
最後の最後に本当にありがとう。




相変わらずレポてきなことはできないのですが
またゆっくり感想は書きたいと思っています。



想像以上の幸せが待っていた大阪城ホールでした。
大好きなジャニーズJr.がいっぱい。



なんと言ってもMr.KINGと関西Jr.が同じステージに立ったのです。




すっごく、すっごく嬉しかった。
夢が叶ったよ。




その後ながれてくるレポみると
やっぱり最後まで見届けたかった。
大阪ぁ。

「ぎゃぁぁぁ」の歓声はとても尊い


「ジャニーズJr.祭り」inさいたまスーパーアリーナに行って来ました。


お祭りに参加できてすっごい幸せだった。
私達は9日の2公演に参加したのですが、大きな会場で歌うMr.KINGが見られてすっごい嬉しかった。



永瀬廉くんの生声も生歌も最高だったし
勝つんだWINの紫耀くんの「ハッハー」や高橋海人くんの生「Remedy」も聞けて幸せだった。




1公演目の席はメインステージからすると真横側で、しかもすっごい上の席。横からのパフォーマンスをずっと見ている感じ。モニターが見やすかったから双眼鏡はほぼ使わなかった。
Jr.のみんなが外周を回って、ファンサとかお手ふりしているのを上から見ていて、こっち方面をみてるなとは分かるんだけど、目線までわからなかった。
この時に双眼鏡を使えば良かったんだと後になって気がついた。



なので、2公演目はパフォーマンスの時は肉眼で、ファンサの時は双眼鏡使ってみていました。
2公演目の席はメインステージの真後ろ側で、こちらもすっごい上の方の席でした。パフォーマンスをほぼ後ろ姿で見る感じなんだけど、この席はJr.のみんながステージをはけていく時に、こちら側にお手ふりして帰っていくことが多かったから、そこは嬉しかったな。
肉眼では相変わらず目線まではわからなかったけど。




Jr.コンだからMr.KINGのゆるふわトークは、もちろんなかったけど、次から次へとキラキラな可愛い子たちが登場してきて、キレキレなダンスやパフォーマンスを見せてくれるのがたのしくて、嬉しくて、感動でした。スノ先輩が見られなかったのが残念だった。





◎Princeの『Prince Princess』はグループのやわらかい雰囲気がでていて可愛いかったな。2番が聞けて嬉しかった。名曲だよね。岩橋くんのコールが可愛いかった。


◎Six TONESの『Amazing!!!!!!』は座りだすところからカッコいい。個性があるのにまとまってる感じが出来上がってるわーと思ってみてました。


Love-tuneの『NO WAY OUT』は顕嵐くんのボーカルがすごくカッコよくて、ドラマ見てたから感動だった。バンド曲は会場がひとつになる感じがすごく良かったな。


Travis Japanはキレキレなダンスが大きな会場にすごく映えて“シュシュ”って音が聞こえる気がするくらいだったよ。のえるくんのソロに聴きほれました。『山手線外回り』は最高に楽しい。



◎HiHi Jetの『HiHi jet』はイントロがかかっただけで気持ちがあがるよね。ローラー系の曲はやっぱり盛りあがる。早すぎて見失うけどカッコいいよね。



◎東京B少年の『BYAKUYA』はNEWSのアルバムで初めて聞いた時から大好きな曲で、すっごい楽しみにしてた曲でした。まぁすごくフレッシュでやっぱり那須くんの「BYAKUYA」のセリフがカッコいい。


◎Jr.ボーイズの『3秒笑って』が大好きなので当然のように一緒に踊った。全力で踊ってみたらやっぱり楽しかった。内村くんが不在なのが残念だったな。



Mr.KINGの『Love Rainbow』も『愛は味方さ』も嬉しかったな。『Fighting Man』の廉くんパートの♪誰かのために生きているわけじゃない♪のフレーズが大好きだったから生歌が聴けてほんと嬉しかった。






この日思ったことはファンの方の偉大さです。
いつでもどこでもファンの方の「ぎゃぁぁぁ」の声は偉大で、声援をうけているタレント本人のことを知らなくてもこの子はすごい。すごい人気があるんだなと認識する。



今回のコンサートでも、みなさんそれぞれお目当ての子が登場すると「ぎゃぁぁぁ」なんです。セリフを言ったり、カメラに抜かれたりするとすごい歓声なんですよ。あったりまえですけど。



Mr.KINGが登場すると私もぎゃぁぁぁとなるんです。
だけど私はいい大人なので声をだすわけにはいきません。なので、KINGファンのみなさんに心の中でがんばれ、がんばれ「ぎゃぁぁぁー」がんばれと勝手に応援していました。



私たちの後ろにTravis Japanのファンの方がいて
登場したり何かするたびに「ぎゃぁぁぁー」
◯◯くーんと言っていて。
(会えて良かったねー)などと私は思ってみていて。



また違うところから東京B少年のファン、特に那須くんのファンの方がいて。登場したりカメラ抜かれたりすると大興奮で名前を呼ぶんです。



私の脳は単純なので
那須くん登場する→ファン「ぎゃぁぁぁ」→私(すごいなぁ)
那須くんカメラ抜かれる→ファン「那須くんかっこいい。かっこいい。かっこいいー(絶叫)」→私(めっちゃ人気やん。)
那須くん「BYAKUYA」のセリフ→ファン「ぎゃぁぁぁぁぁー(悲鳴)」→私(すごいわ那須くんチョー人気やん)



ってな感じで、ファンの方の歓声で
那須くんすごいわー、これからさらにグイグイくるんじゃないの」となるんです。まだ入所したばかりの子だとさらに勢いとして感じるから歓声の威力はすごい。
ファンの「ぎゃぁぁぁー」は偉大、めっちゃ偉大。

東京B少年はグループが結成して間もないから、よけいにファンの方の「ぎゃぁぁぁ」がみなさんにインパクトを与えていたと思う。
B少年の人気がすごいと感じたのは私だけじゃないと思う。もちろん、これからもっともっと人気がでると私にだってわかるし、そうなっていくと思う。
だって爽やかなんだもん。みんなかわいいし。



そんなこと考えながら見てたから、みんなの歓声が気になってしかたなかった。
Mr.KINGもたくさん「ぎゃぁぁぁ」いただいていましたが、やはりPrinceとコラボした『勝つんだWIN、ハロー春色、Bounce to Night』の歓声がすごくて、その強さに自分感動でした。
『ハロー春色』は初めて生で聴いたんだけど、すごい楽しい曲だね。みんなで踊れるのが最高に楽しい。



最後の方に各グループの紹介がありました。
Mr.KINGの前がPrinceで、「Prince」のコールにPrinceの3人が“ぎゅっ”とくっついて、3人がカメラに抜かれたとたん会場中が「ぎゃぁぁぁー」ですよ。めっちゃ可愛いかった。



次はKINGだと思って
(最後だしなKINGも何かやるかな)と期待してみていると。



Mr.KING」のコールでバーンってカメラに抜かれた時、3人それぞれピースだったかな。


(何にもしないのかーい)と心のなかで盛大にツッコんでました。



最後にみなさんの盛大なる「ぎゃぁぁぁぁぁー」を聞きたいと、自分期待してしまいました。
そうだった。
さっぱりしているのがKINGの良いところだった。
もちろん大きな「ぎゃぁぁぁー」はありましたよ。
余計な期待をした自分を反省。




いつでもファンの歓声は偉大だなぁと思ったJr.祭りでした。