読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙はひとりぶんしかながせない

永瀬廉くん Mr.KING 関西Jr.を応援してます

平野紫耀くんと高橋海人くんのあなたにお手紙書きましょうと紅い花

少年倶楽部のコーナーであなたにお手紙書きましょうという不定期コーナーがあります。


今回はMr.KING平野紫耀くんと高橋海人くんが
担当でした。照れながら手紙を読むふたりが可愛いかった。





《まずは紫耀くんから海ちゃんへのお手紙》


いつも海ちゃんに頼ったり、甘えているところがあるからこのコーナーに出たくはなかったと紫耀くん。
出会って初めの頃は海ちゃんの声が高かったねと。


・ここから真面目にお手紙・
「気づいたら同じグループになって、いろんなお仕事をして、いろんなこと乗り越えてきて、気づけば海人が現場にいないと、ちょっとだけムードが暗い気がします。今では弟のような存在でいろんなこと話すね」
「海人はこれからも弟な海人で、まわりの人をどんどん癒してあげてください」と
ここでふたりが横を向いて目を合わすんだけど、紫耀くんの言い方がやさしくて海ちゃんがうんうんって小さく連続でうなずくのがかわいかった。
「最後に、でも弟だからといって俺を財布にするのはやめてください」と。海ちゃんあははと笑う。「これからもよろしくね。おやすみ紫耀より」というお手紙でした。全体的にふわふわな雰囲気がかわいい。



次は《海人くんから紫耀くんへのお手紙》



「いつもご飯やタクシーに乗った時など、いろいろな時に年下だからといって、気を使ってくれてありがとうございます」と感謝から始まる。
紫耀くんにはジェラシーを感じていると(ジェラシーの説明がかわいい)


「紫耀はみんなと仲良くて、なんでもできて、僕が勝てるのは身長しかないです。とにかく羨ましいことばかりです」「でもそんな紫耀が近くにいるからこそ、俺も絶対に負けないぞ、負けないぞって、いつも実力を上げようと思うことができます」
ここを読んでいる時、紫耀くんが横の海ちゃんのことを少し下向きながらも横からずっとみてるんだよね
海ちゃんの「そんな仲間が近くにいることが幸せです」の時、横の紫耀くんが真っ直ぐ海ちゃんを見ていて、紫耀くんがやさしいお兄ちゃんでかっこよくて。

ここからの海ちゃんの宣言がかわいい。
「今は年下だからといって甘えているけど、いつか年下だと思わせないくらい、かっこよくなります。そして、Mr.KINGの二枚目役は僕が背負います」
この時思わず笑ってうなずく紫耀くん。
「なので、これからもお見守りください。海人より」手紙を読み終えて海ちゃんが紫耀くんを見る。紫耀くんに「ありがとう」と言われて、はにかんでる海ちゃんが可愛いくて可愛いくて。



このコーナー収録のときに、廉くんが舞台袖でふたりのことを見ていたとレポで知った時、すごく嬉しかったんだよね。廉くん2人のことが心配だったのかなとか想像すると、さらにKINGくん達がかわいいくて。



海ちゃんが憧れの中島健人くんのように、胸キュンセリフもサラっと言える王子アイドルになって、Mr.KINGの二枚目キャラを確立していくのがすごく楽しみ。


海ちゃんはいつも雑誌のインタビューなどで、紫耀くんや廉くんに感謝を伝えたり、ふたりを誉めていたりするんだけど、紫耀くんもジュニアのなかでダンスが上手いと思うのは海人だと言っていて認めているんだよね。お互い認めあって高めあえるなんてステキすぎるし有り難いよね。



“あなたにお手紙書きましょう”といえば、平野紫耀くんと永瀬廉くんも2014年10月放送の回で“あなたにお手紙書きましょう”をやっています。in大阪の時です。
こちらもかわいいの嵐でした。





《廉くんから紫耀くんへのお手紙》



初めはいつも一緒だから話すことないよと冗談言ってるんだけど、ここから真面目にお手紙


「紫耀には本当に感謝をしています。よくうざがらみをする僕をちゃんと相手をしてくれたり、わからない振りがあれば教えてくれたり、僕からしたらちょっとおバカなお兄ちゃんみたいな存在です」おバカと言われてるのに、"よっしゃ-"って良い人紫耀くん。
「ゲームうまくなってきたからこれからも頑張って」と。

「やさしくて意外と頼りがいのある紫耀が大好きです。たまには僕のことも頼ってね」って廉くん可愛すぎか。「これからもこんな僕ですがよろしくお願いします」と、はにかんでる廉くんがこれまたすんごく可愛い。





《紫耀くんから廉くんへのお手紙》



入所した時は年下の廉くんが先輩だったから戸惑っていたと紫耀くん。

「今ではね、たすけあって僕がしゃべったら秒速で
つっこんでもらったりして、ものすごく廉には救われております。心配しないでください、僕は廉のことまったく年下だとは思っていません。むしろ年上だと思っています」廉くんあははと笑う。
「ということで、これからも良きライバル、良き友として、たすけあって、かっこいいアイドルになろうぜ。失礼します。紫耀より」手紙を読み終えて紫耀くんが廉くんをみる。
「失礼しますって、まあ紫耀らしくてありがとうございます」と言って笑顔で嬉しそうに恥ずかしそうにお辞儀する廉くんでした。






この手紙から約2年経ちますが(確かこの時の収録日は8月だったと思います)今は紫耀くんに大好きなんて言葉は言ってはくれないと思うから、貴重な言葉です。
もちろん廉くんの紫耀くんへの大好きは変わらないと思いますが、今は兄弟みたいであり同じグループの同じ目標を持つ仲間という思いが強い気がします。
いまでは大好きな先輩が増えて、その先輩達にうざがらみをする廉くん。大好きになると距離が近い廉くんが可愛すぎです。



今回のお手紙書きましょうからの紅い花のパフォーマンスが凄くかっこよかった。
収録のレポでNEWSの紅い花をKINGがパフォーマンスしたと知った時からすごく楽しみにしていて、"きたあぁー"という感じで画面に近づいてガン見。
紫耀くんの赤い花を持つバックショットからのアップ
と歌いだしがイケメン全開やった。
♪まばたきさえ出来ぬほど瞳をうばわれたままで♪
って、メッチャかっこいい。歌詞そのもので瞳を奪われてましたけど、奪われっぱなしでしたけど。



少クラでMr.KINGとしてパフォーマンスする曲は、爽やか系や、かわいい系の曲をやることが多くて。もちろんやらせてもらえるだけで有り難いのですが、3人にはもっとかっこいい系の曲の方が合うと思っていたので、今回の紅い花が出来ると知った時、凄く嬉しかったんです。特に紫耀くんはソロだとかっこいい曲ができるのに、3人でパフォーマンスする時はかわいい系の曲が多かったから本当に嬉しかった。




去年の夏に、佐藤勝利くんのソロ公演サマパラで、山下くんのOne in a millionを勝利くんがパフォーマンスしていて。バックで踊るKINGが凄くかっこよかったんです。衣装といい振り付けといい凄く凄くかっこよかった。もちろん私はDVDをみただけなので30秒ぐらいなんだけど、フルで見たかった。
Mr.KING3人のフルバージョンが見たい、見たすぎる。
夢ですね。クリエ公演がなかったから夏の公演でぜひやってほしいな。って私は見られないから、少クラでやってくれないかなぁ。