読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙はひとりぶんしかながせない

永瀬廉くん Mr.KING 関西Jr.を応援してます

しょうれんとMr.KING


今月発売の雑誌ポポロで「読者が選んだベストシンメ大賞2016」という企画がありました。
あらかじめ編集部で13組のシンメを選んでいて、自分の好きなジャニーズのシンメを投票する企画でした。
デビュー組9組とジュニア4組がノミネートされていて


平野紫耀×永瀬廉(しょうれん)は全体の8位になりました。



2人で喜びのコメントをしているんですけど。
今までシンメとしての気持ちを、ふたりがコメントすることがあまりなかったから、前向きな気持ちが聞けてすごく嬉しかった。



2人は関西ジュニアとして、ジャニーズでの活動を始めて、同じ番組にレギュラー出演していました(まいどジャ~ニィという超愛しい番組)。その時は、お互い別々のユニットに所属していて、2人が東京の仕事でよばれるようになって、2人で雑誌に載るようになっても、「シンメ」という言葉は、ちょっと使えないというか、使いずらいというか。たぶん本人達も、ファンも、始めの頃は戸惑いのほうが大きかったと思うんです。




私が《平野紫耀×永瀬廉》として認識したのがMyojoで、関西のツートップといった感じの記事だったと思うんですけど。この時の2人を見て、この2人は強い。このツーショットは最強だわって思ったんだよね。この子達の成長を見ていきたい。応援していこうって思って、現在に至るんですけど。



ふたりが東京で活動する時は、高橋海人くんと一緒に活動することが多くなって、それから2年半ぐらい経ちますが。しょうれんの2ショットって少なかったと思うんですね。
それは、3人としてのグループ感を大切にしているからなのかなって、ずっと思っていて。
しょうれんとしての、シンメを強調するような感じを避けているのかなと思っていました。私の想像なだけなんですけどね。
以前は、関西jr.の平野紫耀、永瀬廉と東京jr.の高橋海人という感じが強かったから。海ちゃんも大変だったと思う。今は3人の『Mr.KING』というグループがきちんとした形になっているから、しょうれんとしてシンメの前向きな言葉も言えるのかな。なんて勝手に思っています。




《受賞コメント》

平野紫耀「最近はシンメとしての活動は減っていたけど、みんなのなかには印象づいていてうれしいな」



《平野くんの尊敬できるところは?》

☆永瀬廉「2ヵ月に渡って座長を務めたことはすごいと思う。俺も紫耀と同じ19歳になったとき、どんなふうに成長できるか。期待半分、負けられない気持ちも生まれて刺激になった」



《これからの俺たち》

☆平野「これからかぁ…。なによりこれからもみんなのなかにシンメとして記憶に残る活動をしていくことかな」
☆永瀬「次はシンメ大賞1位を狙っちゃおうか(笑)?」
☆平野「いいね!」



って、言ってる!!。
嬉しかったな。
もちろん私は海ちゃんが大好きだから、紫耀海のシンメも、廉海のシンメも大好きですよ。
だからたぶん。この3人が離される時がきたら、私相当落ち込むと思う。




先日Mr.KINGが出演した番組がありました。
Mr.KING vs Miss QUEENの青春ダンス!』という番組で、KINGの3人が女子高生にダンスを教えるというドキュメンタリーでした。真摯に女子高生にダンスを教える3人がすっごくステキでした。3人が初めて女子高生と対面した時、廉くんか番組の趣旨を伝えていて、台本どうりかもしれないけれど、スラスラと話をする廉くんに感動した。ダンスの振りつけを考えて、お手本を見せて踊る海ちゃんが本当に格好いいし、紫耀くんがダンスを教えるのが本当に上手で、ダンスの先生になりたかったのわかるなあって思った。



番組後半でダンス発表するんですけど、本番数日前から平野紫耀くんが体調を崩していて、発表本番の日にみんなと一緒にいられなくて。廉くんが紫耀くんの不在を生徒さんに伝えて、みんなで頑張ろうと励ましている姿が頼もしいなって思っていたら、その後廉くん自身がちょっと沈んで黙っちゃって。海ちゃんがすかさず「廉が1番落ち込んじゃってるよ」ってフォローしていて。あぁー仲間って本当に良いなって思いました。
「2人で3人分だな」と呟きながら歩く廉海の後ろ姿が本当に愛しい。




ダンスの本番終わりに生徒さんから3人それぞれに、メッセージが書かれた色紙をプレゼントされて。ふたりがすごく喜んでいて。感動しても泣かないと言いつつ、涙をうかべる廉海が本当に可愛かった。



*2ーCのみなさんのダンスが終わったあと、2人が感想を伝えています。


海「みんなの努力のたまものだと思う、みんなが心のそこから笑ってるの見て俺泣きそうになったわ」
廉「みんな本当にありがとうね。いままで頑張ってくれて」と廉くんと海ちゃんが生徒さんにお辞儀をしてお礼を言っていて。本当に感謝だなって思いました。



この企画を承諾してくれた学校関係者の皆様や保護者の皆様。そして2ヵ月もダンスを頑張ってくれた2ーCの皆様。ステキな番組を本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。




いつかこの時のことを3人で振り返ってトークする時がきたらうれしいな。






ファンのみんなは紫耀廉(しょうれん)と呼ぶのに本人達は自分たちのことを「永野」呼びするのが好きです。そう言えば永野って2人で名付けたのいつだったかな?