読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙はひとりぶんしかながせない

永瀬廉くん Mr.KING 関西Jr.を応援してます

やっぱり『まいジャニ』が最高☆まいジャニin帝国劇場


『まいど!ジャーニィ~』にMr.KINGが登場!!
すっごく嬉しい。


先月まで帝国劇場で公演していた『ジャニーズ・オールスターズ・アイランド』を、2月12日・2月19日・2月26日と3週に渡って特集してくれています。
今週は2週目でした。
『まいジャニ』さんはいつもジャニーズjr.のみかた。
たくさんの映像を残してくれて、本当にありがとうございます。


劇場では双眼鏡使って見ていることが多いので、同じシーンでも新しく発見することも多くて、みなさんの頑張りを再確認できて、さらに感動しました。
出演者の方々は体力的にも本当に大変だったと思います。




今回のテーマは《ライバル》


◎1週目のゲストは「Prince」と「SixTONES」でした。

『永瀬廉の勝手に楽屋リポート』
すごく嬉しかったよ。本番2、3分前に決まったという私にとってはお宝のコーナー。廉くんが関西jr.の道枝駿佑くん、高橋恭平くん、長尾謙杜くんと東京jr.にインタビューしてます。みんな可愛いかった。






◎2週目のゲストは「Mr.KING」「HiHi Jet」「東京B少年」です。


Mr.KINGが2週目の登場なので、今週の回を書きたいと思います。ほぼ文字おこしです。(やたらと長い)




★オープニング★

西畑大吾くんがゲストを紹介。
待ってました”とばかりに平野紫耀くんが
「まいどぉ~」って。
「まいどぉ~」ってカメラアピールが超かわいいんだけど。(リアクションが“ドスコイドスコイ”なのはナゼかわからない)紫耀くんが“まいど~”って言うだけで嬉しい。


紫耀くんの後、すぐ向井康二くんが同じカメラにアピール(どアップ)にきて、あと少しで紫耀くんとツーショットだったのに、紫耀くん戻っちゃって、残念。すっごい可愛かったけどね。





◎初登場のjr.紹介
《東京B少年》
特技 藤井直樹くん 笑顔
   岩崎大昇くん ドラム
   浮所飛貴くん 歌(今頑張っているところ)
   那須雄登くん 勉強と野球
   佐藤龍我くんは2016年6月入所の話でした 


那須くんの《勉強》とキーワードが出た瞬間にKINGがそれぞれ反応するのがさすが。


紫耀くん「勉強がすべてじゃないからね」
康二くん「紫耀ってさ勉強出来ひんけどさ。芝居している時はめっちゃ賢いんかなって思わせるよね」
大ちゃん「うまいよねぇ」って誉めてくれて。

「へぇっへへ」って照れる紫耀くんがチョーかわいい。




☆長尾くんからの質問☆
『B少年っていうユニットを組むってなった時の心境を…』気持ちって嬉しかったですか?


みんなが“はい”って頷いて
岩崎くんが「名前を聞いた時はうぉーって感じ」

廉くんが「東京B少年の“び”は微妙の微じゃないよね?」
ってボケた。廉ちゃんがボケた。
いや、突っ込んだのか。




☆テーマに沿ってみんなのライバルはいますか☆


Mr.KINGは?》

*紫耀くん「はっうえへぇ」って。
ライバルかぁ~って、数秒考えて出た答えが
紫「僕は山下くんですね」

康二「達郎さんですか?」って、康二くんさすがです。
紫「ジャニーズの山下くん。山下Pくん」
っておしい。山下くんと山Pが混ざっちゃった。

紫「憧れの存在ですけど、ライバルとして追い越すイメージで頑張っていけたらなぁと思って」


(紫耀くんが憧れの人をライバルにあげているのは、あまりないと思う)





(余談ですが、家のプレーヤーだけなのかなぁ?
紫耀くんが「憧れの先輩ですけど、ライバル…」と発言している時に紫耀くんの顔の近くを(後ろの方)小さい白い煙りみたいなものが通って消えるんだよね。気のせいかな)




*海ちゃんは?
海「グループとしてプリンスか。切磋琢磨っいう意味で作られたグループだからライバルかな?」
大「特に誰がライバルとかある?」
海「岩橋玄樹
 「向こうも可愛いキャラで売ってるから」
康二「海ちゃんは可愛いキャラなの?」
海「俺かわいいキャラだよ」 

しょうれんが海ちゃん見上げてる。かわいい。


廉「でもこいつ昨日までカッコいいキャラ目指してるとか言ってましたよ」
海「あんね、ブレるんだよねオレ」って、海ちゃん可愛いすぎる。
康二「キャラはブレたらあかん!」と康二くんからのアドレス。
廉「あかんやろ」←(このあかんやろっていう言葉が好きなんです。関西弁で「あかんやろ」が好きすぎる。「やろ」の響きが好きなんだよね。誰が使っていても好き)



大「じゃあ次HiHi Jet」って、廉くんの回答を飛ばす大ちゃん。



廉くんすかさず突っ込む。
「待って、俺聞いてないよね」


大「フレッシュな方を聞きたいのよ」「わかったパッと言って」


廉「佐藤勝利くん」と答えたんだけど、言い終わらないうちに大ちゃんが「なるほど」ってかぶせてきて。
流そうとする。
廉いじりが嬉しい。嬉しすぎる。



*廉「理由説明していい。今回の舞台一緒に出ていて、去年も座長とかやってたじゃないですか。だから俺もいつかその立場までいけるように頑張っていきたいと。勝利さんを越してどんどん上に登っていきたいっていうのがあって」


大「マジメになったな」

 みなさん笑。 

廉「いままでずっとマジメやから」




(紫耀くんも廉くんもまいジャニに出演していた時のメンバーカラーでテロップが出ていてなつかしい)




《HiHi Jetは?》

井上瑞稀くん「僕は橋本ちゃん(涼)とは入所した時からずっとライバル関係ですね」
  みなさんおぉーってなる
・2009年に入所のテロップ・  
瑞稀「入所して7年くらいなんですけど」
橋本「そうですね」←(橋本くんここしか話してないからー。もっと声聞きたかった)

瑞希「そっからずっとふたりで一緒にいるんで、なんならライバルというか兄弟みたいな。家族みたいな方が近いかも知れない」


大「いや、グループ内にライバルがいるっていうのがいいよね」
瑞稀「そうですね。常に意識して、みたいな」

康二「お互いに意見とかは言い合うの?」
瑞稀「そうですね。結構もめたりしますね」

康二「ローラーの滑りが悪いとか」
  廉くん爆笑。
紫「ローラー調節して」って、さりげなくつぶやいてる紫耀くんがかわいい。

康二「ローラーすごいよね」
HiHi「ありがとうございます」


康二「恭平もローラー頑張ってるよね」
康二兄さんからパスがでて
恭平「はい、頑張ってますよ俺も。頑張ってるんすよ。でも、やっぱさすがっすわ」


この“さすがっすわ”に、みなさん爆笑。


康二「こいつ、この前大阪の松竹座に滝沢くん来た時も“うっざす”とか言ってるから」

康二くんが恭平くんの肩ゆっさゆっさして
「気をつけないと」って。お兄さんの康二くんがカッコいい。


「これから礼儀をな」と、大ちゃんが言って。
康二くんが「廉風味を感じますから」
風味ってかわいいね。わかる気がする。



廉「そうね。確かになんか言われるよね。めっちゃ。
似てるねみたいな」
廉「髪の毛は触られたら嫌なんでしょ?まだその時期やろ」
  

恭平くん上から康二くんに触られると思って、とっさによけてる。いつかの廉くんみたいでかわいい。


廉「(俺は)その時期は通りすぎてるから。まあ、そろそろ髪の毛染めだすよ」


アップで恭平くんが映る。笑いながら首ふってます。


康二くんが「染めても、つむじだけにしてね」って言って。
道枝くんが小さい声で
「規模がちっちゃ、規模がちっちゃいよ」って、康二くんにツッコんでる。手で小さい輪っか作って康二くんに言ってるよぉー。かわいい、かわいい、かわいい
(もっと大きい声でいいのにー。頑張ってぇー)


大「ダサイやろ、ダサイやろ」
(だから、関西弁の“やろ”が好きです)




「次、猪狩」って大ちゃん。(大ちゃんが猪狩呼び)

猪狩くんの番になって、猪狩くんを見上げている紫耀くんと廉くんの横顔がすごいカッコいい。


猪狩「僕は、大きく大きく大きくでて、Kis-My-Ft2の北山くんを、ローラースケートという面に関してのみライバル視しています。それ以外に関しては足元にもおよばない」
  
 みなさん笑。

廉「ほめられたんやろ、北山くんに」
(だから、“やろ”好きすぎるって)

猪狩「はい、年がら年中」
  
  みなさん笑。

猪狩「ここは百発百中」
  
  みなさん笑。



(もうね、猪狩くんが話しだす時に、KINGの“何話すんだ”、“おもしろいこと言うんだろ”の期待感ね。
みんなが猪狩くん見てるから。猪狩くんの言葉待ち)



《東京B少年》

*浮所くん→同期の那須くん  
同期で同級生で同じグループだからダンスで勝ちたい

*藤井くん→昨日の自分
昨日の自分を、さらに超えたい





次の質問。
☆ライバルに負けないシーンとは?☆


《HiHi Jet》
オリンピックのシーン


《東京B少年》
マイケルコーナー



※KINGにいく前に先週に引き続き
『永瀬廉の勝手に楽屋リポート』が始まる。嬉しすぎる。次のゲストを探す廉くん。
見覚えのあるエレベーター前で廉くん急に話し始めたよ。そして、そこに現れたお相手が西畑大吾くん。

廉「次のゲスト探してたの、そこにあんたが来たの」
廉「どうした?何しに来たの逆に」


大「正門から誕生日プレゼント預かっててさ」

廉「えっ」驚いて口元を手でさわってる。
  大ちゃん後ろにプレゼント隠してます。
大「渡しに来てんけど」

(大ちゃん登場からギャーで、正門くんの名前でギャーで、誕生日プレゼントでギャーとなる母娘)


廉「へっ、誰の」
大「おまえの」
廉「まじでぇ」
大「おまえと紫耀の」
廉「まじでぇー。見たい、見たい。いる、いる」

廉くん、もらう気マンマンで手を出して待ってます。
大ちゃんから受けとる廉くん。
廉「ありがとう。正門」
プレゼントあける廉くん。プレゼントは豹ガラのパンツ。


「ガハハ」って、ふたりで爆笑してる。
ふたりが画面に映ってるだけで泣きそうなのに、ふたりして爆笑してる。笑ってるからぁー。もうぉー嬉しすぎて泣ける。


廉「正門からのプレゼント。しっかり受けとりました。ありがとう正門」


もうね。このシーンを撮ってくれた“まいジャニ”さん
本当にありがとうございます。感謝、感謝、感謝です。大ちゃんと廉くんの「あんた」「おまえ」呼びに嬉しくて頭がクラクラする。「あんた」「おまえ」「あんた」「おまえ」って最高かぁ。最高だぁー。



Mr.KING
平野紫耀→ナゼかお気に入りシーンを発表。
ステージセットの惑星のオブジェが浮くシーン。

高橋海人→Mr.KINGのシリアスな喧嘩のシーン。

永瀬廉→額縁フライング




◎エンディング
大ちゃんと康二くんで“おもしろい子も多かったよ、また来てください”ってまとめに入ってる。
なのに、廉くんから「でもあのさ、大西さんの感想聞いてない」って申し出が。
(手でアゴさわりながら訴える)ちょっとめんどくさい廉くんでてきた。

流星くん「え、永瀬くんの感想ですか?」
廉「俺の」って当然みたいに聞く。
大「個人的に聞けやー」って、ごもっとも。
紫「後で聞いてもらって良いですか」


せっかくだからと言って感想を言う流星くん。大人。


流「金髪にもなったし、空気がガラっと変わったし、やっぱりそういう面ですごく成長したなというか、すごく、うらやましくなりました」

と、満点回答いただいて廉くん満足そうです。

「どうでしょうか?」と笑って聞く康二くんと大ちゃん。“満足したかい”のふたり。

廉「泣いていい?」

どうやら満足らしい。胸いっぱいの廉くんでした。
はぁ可愛い。この子供っぽい感じが全く変わってないなって思う。まいジャニメンバーには思い切り甘える感じが大好きです。小瀧望くんに「永瀬廉はガキ」と言われるのすごくわかる。このままが嬉しいな。



みなさんのお手ふりと
廉くんの“ありがとっう”で、今週はここまで。


来週は完結編。
ゲストは《Snow Man》《Travis Japan》《Love tune》すっごい楽しみ。



そして何より私達母娘が“ギャー”となった場面。


“まいジャニメンバーが舞台出演”ってなってる。
帝国劇場でリハしてるし、『Dream Catcher』の曲がながれてるし、東京ジュニアの子達も一緒に踊ってる。本当に嬉しすぎて、嬉しすぎて泣けてくる。
楽しみにしています。





まいジャニさん本当にありがとう。