読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙はひとりぶんしかながせない

永瀬廉くん Mr.KING 関西Jr.を応援してます

初の松竹座・関西ジュニアは最高だったよ

関西ジュニアの舞台公演。
『ANOTHER & Summer Show』に行って来ましたぁ。もうね、感動しっぱなしでした。
私と娘は初めての松竹座なので、チケット当たった時から、すっごい楽しみにしていたんです。


松竹座に着く前に、駅で「八尾」の文字を見かけては
興奮し、「長瀬駅」を通りすぎては「ナガセ~だぁ」
「ナガセっ」と連呼し、すっかりオノボリさん状態。関東から行く17年ぶりの大阪にテンション上がりっぱなしの私。ちなみに17年前に一緒にいた娘はその時ベビーカーにのっていました。
まさか17年後に母娘してジャニヲタになって、2人で仲良く舞台観劇の為に大阪に来るなんて。
わからないものです。
嬉しいな。嬉しすぎる。



ちなみに観劇できたのは1公演だけです。
レポらしきことは私には書けません。
松竹座と関西ジュニアの感想を書きたいと思います。
(少しネタばれありです)




『ANOTHER』の舞台を公演発表された時から
嬉しくて、素直に「行きたい」と思って、どうやったら大阪へ行けるのか、娘とふたりで作戦を練りました。
「なんとか行けそうだぞ」となり、もしチケットが取れたら、なにがなんでも行こうと娘と決めて応募。
1公演当選し入れることになって、それからは
「初めての松竹座」「初めての遠征」とあこがれのワードを使えることに喜び、楽しみにしていました。




当日松竹座を見つけて「うぉー松竹座」と感激。
中に入り、明るくホテルのようなグッズ売り場でパンフレットなどを購入。
ここで「フォトセ一揆」なるものが繰り広げられたのね。などど思いを馳せながら座席へ。




当たった座席が初めての良席で2階の1列目。
娘とチケットを初めて見たときは1列目なのか、I列目なのか、どっちなのかわからず「えっ、えっどっちなの」と焦りながらチケットを何度も確認。
松竹座にI列などなく、1列目だと分かった時の興奮は忘れられません。たぶんこんな良席が当たることは2度とないと思う。本当にありがたかったし、すごい嬉しかった。




始まる前にずっと波の音がながれていて、嬉しくて『ANOTHER』観にきたんだなぁ。ここは松竹座なんだなぁ、って思っていて。
西畑大吾くんがひとりで舞台に出てきた時にはすでに涙目になって、「大ちゃんが舞台に1人で立ってるー」と感動。“Another Tomorrow”の曲がながれ始め大ちゃんが「波のきらめきか~」と歌いだすと、大ちゃん歌上手いな、かわいいな、カッコイイな。
「ドセンター大ちゃん白衣装に赤ぁ~」と私泣いていました。まだ始まったばかりだけど。




そこからは噛みしめるように舞台を観ていました。
1度しか観られないから関西ジュニアのみんなを、全員ちゃんと見ておきたかった。




やっぱり関西ジュニアは最高に可愛くて、格好良くて、おもしろかった。




舞台本編では、大ちゃんと康二くんの兄としての思いに泣いてしまい、道枝くんと高橋くんの弟役が儚くて切なくてこれまた泣けるんだけど。でも2人ともすっごい可愛かったなぁ。藤原丈一郎くんの役が良い人なのに (レポ読んであらすじ分かってたはずなのに)いつか裏切るんじゃないかと心配しながらみてました。
室龍太くんの役、村の長は怖かった。声の張りがすごくて。でも結局良い人な龍太くん。




『オーディション』の場面のコニーさんが大好きで、レポ読んだ時からすごく楽しみにしていたんです。
私笑い声が大きいから口元押さえながらみてました。
関西ジュニアのコント楽しい。
1公演しか観られないからコントも1組しかみられなくて、本当に残念。in大阪でコント収録されていると嬉しいんだけどなぁ。




劇中歌の大ちゃんのソロから始まる『Darkness』がすごく格好良かったな、ダンスがね姿勢が低くてカッコイイの。(少年倶楽部in大阪で収録したとのウワサなので、今から放送日が凄く楽しみ)。大西流星くんのソロから始まる『学生』も可愛かった。舞台上の流星くんは大きく見えたよ。声もきれいだった。
『Mysterious Dance』は関西ジュニアがいっぱい出演していて。やっぱり群舞は最高だな。カッコイイなと感激。贅沢を言えば“Funky 8”だけのキレキレダンスが見たかった。生の迫力でFunkyを感じたかった。




松竹座はキラキラしていて、温かかくて。
時々ね、“ここに平野紫耀くんも永瀬廉くんもいたんだな、ここで育ったんだなぁ”とか思ったりもした。
2015年3月のことも。思い出しちゃったよ。



Summer Showで『Next stage』の曲がながれると、“まいジャ二”で6人でパフォーマンスしてたなとか、“サマステ”ソロで廉くんも歌ってるんだよなぁと思ったりもした。『Esper』もまいジャニで歌ってたよね。
『アメフリ→レインボウ』も“サマステ”で紫耀くんと廉くんで歌っていて、今でも関西を感じさせてくれる
つながりを感じさせてくれる選曲がすごく嬉しかった。紫耀くんの“サマステ”ソロの『Dial up』も嬉しかったよ。(サマステの話になっちゃったゴメンナサイ)



Summer Showの曲のなかでも私は『鼓動』が1番好きで、ずっと楽しみにしていました。泣きました。
ジャニーズWESTさんの曲になるのかな?
でも私的には関西ジュニアの曲に思えてしまうんですよね。丁寧に感情込めて歌う『鼓動』は最高でした。
『Brother』はもちろん大好きな曲ですが、今回のBrotherはひたすら可愛かった。大ちゃんがね、踊りながら足を“クックッ”って入れるんです。わかりずらいと思うけど、すごくそれがカッコイイの。





関西ジュニアの公演を観ての感想は、分かってはいたけど、やっぱり何度も入りたくなりますよね。
娘が「私はなんで関西に住んでないんだよぉ。何度も入れないじゃん」と言いつつ。「でも、やっぱり関東で良かった。だって近くに住んでいるのにチケット取れなかったら悲しくてムリ」とよくわからないことをつぶやいていおりました。





私「頑張って働いて、また来よう!」
娘「頑張って勉強して、進路早く決めて働こ。また来よう!」と言いながら、ふたりで松竹座を出ました。







家に帰ってから
「お母さんペンラあげすぎだから注意して。あとちょっとリズムずれてたよ」と指摘されました。
以後気をつけたいと思います。





あこがれの松竹座は最高だった。
関西ジュニアをずっと応援していきたいと思っています。関ジュが大好きだぁ。